ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産振興課 > 畜産の放射性物質対策 > 飼料用・敷料用麦わらの放射性物質モニタリング検査結果

ここから本文です。

更新日:2012年8月16日

飼料用・敷料用麦わらの放射性物質モニタリング検査結果

平成24年産飼料用・敷料用麦稈(麦わら)の流通・利用の可否を判断するため、麦稈の放射性物質検査を実施し、その結果が判明しました。

すべてのサンプルが飼料・敷料の暫定許容値(牛用飼料100Bq/kg・水分含量8割ベース)及び土壌改良資材の暫定許容値(400Bq/kg・製品重量)以下であったため、家畜の飼料・敷料(畜舎の床材)、野菜等への敷わら、土壌改良資材(他のほ場への土壌施用)、暗渠排水疎水材としての利用が可能となりました。

 飼料用・敷料用麦わらのモニタリング検査結果及び利用の可否(PDF:108KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

畜産振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2350

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp