ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産振興課 > 畜産の放射性物質対策 > 平成25年産稲わらの放射性物質モニタリング検査結果

ここから本文です。

更新日:2013年10月23日

平成25年産稲わらの放射性物質モニタリング検査結果

平成25年産稲わらについては、モニタリング検査により流通・利用の可否を判断します

   矢板市・塩谷町・日光市・鹿沼市で生産された稲わらについては、検査した全ての地点が飼料の暫定許容値(牛用飼料100Bq/kg・水分含量8割ベース)及び土壌改良資材の暫定許容値(400Bq/kg・製品重量)以下となりました。

   この結果、県内全ての地域で生産された稲わらの流通・利用が可能になりました。

   ただし、那須町・那須塩原市・日光市で生産された稲わらの飼料利用については別途給与前検査を実施した上で判断します。

稲わらの流通・利用が可能となった地域(10月22日現在)

   【飼料・敷料、土壌改良資材としての流通・利用】

  • 県南地域(栃木市、小山市、下野市、壬生町、岩舟町、野木町、足利市、佐野市)(10月3日)
  • 県東地域(宇都宮市、上三川町、真岡市、益子町、茂木市、市貝町、芳賀町、さくら市、高根沢町、那須烏山市、那珂川町)(10月8日)
  • 大田原市(10月8日) 
  • 矢板市、塩谷町、鹿沼市(10月22日)

 

   【土壌改良資材としての流通・利用】

   飼料・敷料としての流通・利用の可否は給与前検査により判断します

  • 那須町、那須塩原市(10月8日)
  • 日光市(10月22日)

 

    平成25年産稲わらのモニタリング検査結果及び流通・利用の可否(10月22日現在)(PDF:201KB)

 

   これまでの検査結果

   平成25年産稲わらのモニタリング検査結果及び流通・利用の可否(10月8日現在)第二報(PDF:204KB)

   平成25年産稲わらのモニタリング検査結果及び流通・利用の可否(10月8日現在)(PDF:154KB)

   平成25年産稲わらのモニタリング検査結果及び流通・利用の可否(10月3日現在)(PDF:165KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

畜産振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2344

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp