ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 畜産振興課 > 畜産の放射性物質対策 > 平成24年産飼料用米の利用について

ここから本文です。

更新日:2012年9月4日

平成24年産飼料用米の利用について

平成24年産飼料用米については、主食用米のモニタリング検査結果に基づいて、利用の可否を判断します。

以下の市町村(旧市町村)で生産された米については、飼料用としての出荷及び牛用、豚用、鶏用の単体飼料としての利用が可能となりました。 

飼料用米の出荷・利用が可能となっている市町村(旧市町村)

  • 市町村の全域:22市町

      宇都宮市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、さくら市、

      那須烏山市、下野市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、壬生町、

      野木町、岩舟町、塩谷町、高根沢町、那珂川町

  • 市町村の一部:3市町

      日光市(旧小来川村、旧豊岡村、旧大沢村、旧篠井村、旧藤岡町)

      那須塩原市(旧黒磯町、旧東那須野村、旧鍋掛村、旧西那須野町、旧狩野村)

      那須町(旧伊王野村)

   なお、その他の市町産の米についても、今後の主食用米のモニタリング検査において、安全性が確認され次第、飼料用としての出荷・利用が可能となります。

<参考>

  • 単体利用とは、畜産農家が飼料用米を単味飼料として利用すること、もしくは他の飼料と混合して利用すること
  • 畜種ごとの飼料の暫定許容値

      牛用飼料:100Bq/kg、豚用飼料:80Bq/kg、鶏用飼料:160Bq/kg

米のモニタリング検査結果から判断した飼料用米の出荷・利用判断早見表(PDF:55KB)

平成24年産米のモニタリング検査結果について(県HP内リンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

畜産振興課 環境飼料担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2350

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp