重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > くらし・環境 > 自然・動植物 > 鳥獣・狩猟 > 鳥獣の保護管理に関すること

更新日:2021年5月11日

ここから本文です。

鳥獣の保護管理に関すること

シカ、イノシシ、アライグマ・ハクビシンに関する各種計画を策定しました。

   栃木県ニホンジカ管理計画(六期計画)等の変更・策定及び同計画案に対するパブリック・コメント(県民意見の募集)の実施結果について

鳥獣の保護と管理

豊かな自然環境に恵まれる本県は、多様な自然環境を有しており、さまざまな野生鳥獣が生息しています。しかし、近年では、生息環境の変化等により、地域的に絶滅のおそれのある種が存在する一方、狩猟者の減少や中山間地域における過疎・高齢化等により、一部の鳥獣の生息数増加や生息分布の拡大が進行し、農林水産業や生態系等の被害が深刻化しています。

このような状況を踏まえ、鳥獣の保護による生物多様性の確保と、鳥獣の管理による農林水産業等の被害軽減の両立を図り、人と野生鳥獣が共生する地域社会の実現を目指して、鳥獣保護管理事業計画(栃木県の鳥獣保護管理行政の指針となる計画)を策定しています。

鳥獣管理の基本

鳥獣被害対策の基本(PDF:2,125KB)

鳥獣被害対策の体系(PDF:56KB)

鳥獣被害対策の推進体制(PDF:66KB)

各獣種の管理

ニホンジカ

イノシシ

ツキノワグマ

ニホンザル

カワウ

アライグマ・ハクビシン

主要獣の捕獲と被害の状況

令和元(2019)年度の野生鳥獣の捕獲状況及び農林業被害状況(PDF:264KB)

地域ぐるみの被害対策の推進

とちぎ獣害対策アドバイザー派遣事業について

獣害対策地域リーダー育成研修(令和3年度)を開催します

獣害対策地域リーダー育成研修(令和2年度)を開催しました

”鳥獣新聞”公開中!

とちぎ野生動物研究交流会を開催しました(令和3年3月3日)

シカやイノシシの捕獲の推進

認定鳥獣捕獲等事業者制度

認定鳥獣捕獲等事業者制度について

指定管理鳥獣捕獲等事業

県域レベルの観点でシカやイノシシの捕獲圧が不足していると考えられる地域において、県が実施する捕獲事業です。

令和元(2019)年度栃木県指定管理鳥獣捕獲等事業評価報告書等について

ニホンジカ(PDF:773KB)

イノシシ(PDF:765KB)

効果的捕獲促進事業(PDF:157KB)

認定鳥獣捕獲等事業者等の育成(PDF:80KB)

令和3(2021)年度栃木県指定管理鳥獣捕獲等事業実施計画書について

ニホンジカ(PDF:3,995KB)

イノシシ(PDF:1,584KB)

野生鳥獣との付き合い方

事故防止

クマ関係

令和2年度のクマ出没状況

クマによる人身事故に御注意ください!

令和2(2020)年度クマによる人身事故の発生について

令和2(2020)年度における堅果類(ドングリ)の豊凶とクマの出没について

令和元(2019)年度における堅果類(ドングリ)の豊凶とクマの出没について

その他の鳥獣全般

野生獣との遭遇による事故に御注意ください!

市街地へのイノシシなどの出没を防ぐために

野生のサルが平地に出没しています! 

野生鳥獣肉(ジビエ)の流通について

原子力災害対策特別措置法において、栃木県ではシカ及びイノシシ肉の流通が禁止されており、自家消費についても自粛をお願いしています(例外的に、那珂川町のイノシシ肉加工施設については、全頭検査を条件に解除されています)。

野生鳥獣の放射性物質検出状況

また、食品衛生法において、飲食店等が調理・流通させる肉は、許可を受けた施設において加工したものでなくてはなりません。

そのジビエ・・・流通させて大丈夫?(厚生労働省ホームページ)

ケガをした野生鳥獣を見かけたら

ケガをした野生鳥獣の取扱いについて

感染症・餌付け

県内の鳥インフルエンザに関する情報

「わな」にご注意ください!

山林などに立ち入る際は「わな」にご注意ください。

お問い合わせ

自然環境課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3211

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告