ホーム > くらし・環境 > 自然・動植物 > 鳥獣・狩猟 > 鳥獣の保護管理に関すること > 市街地への野生動物の出没を防ぐために

ここから本文です。

更新日:2018年11月9日

市街地への野生動物の出没を防ぐために

出没増加の原因

近年、管理が行き届かない土地が増加し、イノシシなどの野生動物が身を隠せる藪が増え、住宅地や市街地に出没する事例が発生しています。また、人家近くに放置された野菜くずや、収穫されずに残された柿や栗などは、野生動物の格好の餌となっています。

出没を防ぐために

  • 管理している土地の藪の刈り払いをお願いします。

  野生動物の移動経路や生息場所となることを防ぐほか、景観の向上にもつながります。

  • 餌になる野菜くずなどの生ゴミは、適切に管理しましょう。

  人間にとってはゴミでも、野生動物にとっては格好の餌となってしまいます。

  • 収穫の予定がない果樹は、伐採の検討をお願いします。

 

田の中の耕作放棄地

集落付近の藪

土手のイノシシ

道路脇の藪に逃げ込むイノシシ

 

 

お問い合わせ

自然環境課 野生鳥獣対策班

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3261

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp

広告