ホーム > くらし・環境 > 自然・動植物 > 鳥獣・狩猟 > 鳥獣の保護管理に関すること > ケガをした野生鳥獣の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

ケガをした野生鳥獣の取扱いについて

1 ケガをした野生鳥獣を見つけたときは

  • 野生鳥獣は、多少のケガや病気であれば自然に回復する力がありますので、むやみに触れたりせず、そっとしておくか、近くの茂みに戻すようにしてください。
     
  • 野生鳥獣にとって、人間に捕まることは大きなストレスとなり、そのことが原因で死んでしまうことがあるため、必ずしも人間が保護することが良いこととは限りません。
     
  • ただし、人が故意に怪我を負わせる等、人為的な要因によりケガをした野生鳥獣については 、県が救護し、野生復帰を目指しておりますので、そのような野生鳥獣を見つけた場合には、「3 お問い合せ先」までご連絡ください。

     ※深刻な農林業被害等をもたらす種などは、原則、救護の対象外(以下のとおり)
      ハシブトガラス、ハシボソガラス、カルガモ、ムクドリ、ゴイサギ、カワウ、ドバト、ニホンジカ、
      イノシシ、ニホンザル、ハクビシン、アライグマ、クマネズミ、ハツカネズミ、ノイヌ、ノネコ
     
  • なお、許可無く野生鳥獣を捕まえたり、飼育することは法律で禁止されております。

2 鳥のヒナを見つけたときは

  • 巣立った直後のヒナは上手く飛べないこともあり、親鳥にエサをもらいながら飛行の訓練をしておりますので、庭先などでヒナを見つけた場合は、むやみに触れたりせず、遠くから見守ってください。
     
  • ヒナを保護することで、親鳥が飛び方やエサの捕り方などをヒナに教える機会を失ってしまいます。
     
  • もし、ネコ等に襲われないか心配であれば、近くの木の陰や茂みの中などに放してください。
     
  • 哺乳類の子どもを見つけた場合も、同様です。

3 お問い合わせ先

市町 所管事務所名 所在地・電話番号
鹿沼市、日光市 県西環境森林事務所 環境企画課 日光市瀬川51-9
TEL 0288-21-1180
宇都宮市、真岡市、上三川町、
益子町、茂木町、市貝町、芳賀町
県東環境森林事務所 環境企画課

真岡市荒町116-1
TEL 0285-81-9001

大田原市、那須塩原市、那須烏山市、
那須町、那珂川町
県北環境森林事務所 環境企画課 大田原市中央1-9-9
TEL 0287-23-6363
足利市、栃木市、佐野市、小山市、
下野市、壬生町、野木町
県南環境森林事務所 環境企画課

佐野市堀米町607
TEL 0283-23-1441

矢板市、さくら市、塩谷町、高根沢町 矢板森林管理事務所 管理課 矢板市鹿島町20-22
TEL 0287-43-0427

 

お問い合わせ

自然環境課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3207

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp