ホーム > くらし・環境 > 自然・動植物 > 鳥獣・狩猟 > 鳥獣 > ツキノワグマの管理

ここから本文です。

更新日:2016年3月25日

ツキノワグマの管理

 ツキノワグマ管理の基本的な考え

  ツキノワグマは、生態系の頂点に位置する動物(アンブレラ種;その種を保護することで、傘のように他の多くの種を守ることにつながるもの)のひとつであり、生きていくために広大で豊かな自然を必要としています。

 一方、生息密度はシカと比べてかなり低いため、ある地域においてクマの捕獲が集中してしまうと、そこに生息する個体群への影響が大きく、その維持が危ぶまれるおそれがあります。 

 しかしながら、一方では、農業被害・林業被害を引き起こすこともあり、また、まれに人身に被害を及ぼす場合もあります。本州に生息する陸上哺乳類の中で唯一人命に関わる深刻な人身被害があること、ニホンジカなどに比べて生息密度、繁殖率が低いため、強い捕獲圧により個体数が減少すると回復に時間がかかることの二面性を有することから、科学的・計画的な保護及び管理を行う必要性が高い種です。

 栃木県では平成18年9月より栃木県ツキノワグマ保護管理計画、同二期計画(平成22年~)に基づき、適正な捕獲の実施と被害対策の推進を図ってきましたが、法改正及び計画期間の満了に伴い、新たに栃木県ツキノワグマ管理計画(三期計画)(平成27年5月29日~)を策定し、各種対策を実施しています。

・栃木県ツキノワグマ管理計画(三期計画)の概要(PDF:260KB)

・栃木県ツキノワグマ管理計画(三期計画)(PDF:4,480KB)

 

 この計画では、毎年の施策を評価して次年度の対策に生かすため、モニタリングを行うこととしています。最新の報告は、平成26年度栃木県ツキノワグマ保護管理モニタリング結果報告書(PDF:2,055KB)を御覧ください。

クマの保護管理の必要性( PDFファイル ,172KB)

クマの生態と分布( PDFファイル ,202KB) 

 

人とのあつれきを防ぐために 

山菜採りやきのこ採り、釣りなどで山に入る方へ

 クマとの事故を防ぐために (PDF:2,472KB)

人身被害、農業被害の防止-人里へクマが降りてこないために-

  被害の防ぎ方( PDFファイル ,229KB)  

農業被害には電気柵! 効果があります。

電気柵の効果 

電気柵の管理方法

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

自然環境課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3211

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp