ホーム > 福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 生活習慣病 > 栃木県のがん対策 > 栃木県がん対策推進計画(3期計画)

ここから本文です。

更新日:2013年3月25日

栃木県がん対策推進計画(3期計画)

現在、日本では、2人に1人ががんに罹患し、3人に1人ががんで亡くなるといわれております。県内においても、毎年、12,000人を超える方が新たにがんに罹患し、5,500人を超える方ががんで亡くなっている状況にあります。

このような中、県では、これまで「栃木県がん対策推進計画(2期計画)」に基づき、がんの予防及び早期発見の推進、医療提供体制の整備等に積極的に取り組んでまいりましたが、こうした取組等により、がんに罹患した後の生存率が向上するなどの成果が得られました。

その一方で、がんの治療を受けながら仕事や学業を続けること等について、日々様々な困難や不安を抱えながら生活を送る方も少なくないのが現状であり、がん患者やその家族が、それぞれのライフステージに応じ、必要な支援を受けられ、円滑な社会生活を営むことのできる社会環境の整備が求められております。

今後、高齢化の進展等に伴い、がん患者の増加が見込まれる中においては、これまでの取組に加え、県民の皆様ががん患者やその家族に関する理解を深め、関係者の相互の密接な連携の下、がん患者やその家族を地域社会全体で支え合うための取組を進めていくことが重要であります。

そのため、県では、オールとちぎで「県民1人1人ががんを知り、がんと共生する地域社会」を構築することを目指し、今般、「栃木県がん対策推進条例」を制定したところです。

こうした条例の趣旨を踏まえ、新たにこの計画を策定し、関係者が一体となって「がんの予防及び早期発見の推進」を基本として、がん患者やその家族の置かれている状況や地域の実情に応じ、「がん医療の充実」を図るとともに、「がん患者やその家族を支えるための環境づくり」を推進するための施策を展開していくことといたしました。

がんは、高齢者のみならず、子ども、働き盛りの者等を含め、県民誰もが罹患する可能性のある身近な疾病です。がん患者やその家族を含む全ての県民が安心して暮らすことのできる地域社会の実現を図るため、県民の皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

 概要1概要2

栃木県がん対策推進計画(3期計画)素案に対するパブリック・コメント(県民意見の募集)の実施結果

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康増進課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3096

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告