ホーム > 福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 生活習慣病 > 栃木県のがん対策 > がん検診受診率向上のための取組

ここから本文です。

更新日:2017年12月5日

がん検診受診率向上のための取組

平成29年9月29日から10月31日までピンクリボンツリーを設置しています。

 ピンクリボン1  ピンクリボン2 

 ピンクリボン3 

・10月のピンクリボン運動にあわせて、本庁1階ロビーにピンクリボンツリーを設置しています。

・本庁にお越しの際は、是非ピンクリボンをツリーに結んでください。

ピンクリボン運動とは

 ピンクリボン運動は、乳がんで亡くなられた患者さんの家族が「このような悲劇が繰り返されないように」と願いをこめて作ったリボンからスタートした乳がん啓発運動です。1980年代アメリカで始まり、乳がんの早期発見を啓発するためのイベントを展開したり、ピンクリボンであしらった商品を頒布し、売り上げの一部を財団や研究団体に寄付するなどして、様々な理由でマンモグラフィ検診を受けられない人にも、その障壁を除いてマンモグラフィ検診を受診してもらうことです。

 欧米では、ピンクリボン運動は盛んになったことで、人々の意識が変わり、マンモグラフィ検診が普及し治療法の向上と併せて、乳がんによる死亡率が1990年ごろから低下しました。ここ数年、日本でもピンクリボン運動が盛んになり、乳がんの早期発見の大切さ、乳がんの正しい知識を知ってもらうため、さまざまな活動行われております。

 栃木県もこれに賛同し、毎年10月に県庁舎内にピンクリボンを飾ったツリーを置き、ピンクリボン運動を行っております。

がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間

がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間中の事業一覧です。

 

平成29年度 がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間実績報告(PDF:470KB)

平成28年度 がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間実績報告(PDF:159KB)

 

がん検診受診率向上のための取組

国民の2人に1人が「がん」にかかり、3人に1人が「がん」で亡くなるなど、「がん」は私たちにとってもっとも身近な病気です。しかし、がん検診を受診して「がん」を早期に発見すれば、治療をすることができます。

 栃木県では、市町や医療機関、企業等とともに、次のようながん検診受診率向上のための様々な取組を行っています。

・がん検診受診率向上プロジェクト
・がん検診受診促進プロジェクト
・とちぎdeピンクリボン
・がん検診受診向上のための企業連携による取り組み
・栃木県がん検診受診率向上対策事業の公募

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康増進課 がん・生活習慣病担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3096

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告