重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 健康・保健衛生 > 生活習慣病 > 栃木県のがん対策 > がん検診受診率向上のための取組

更新日:2018年11月27日

ここから本文です。

がん検診受診率向上のための取組

がん征圧月間

  9月1日からの1ヵ月間は、がんの正しい予防知識や早期発見・早期治療をより多くの方に知っていただくための「がん征圧月間」となっています。

2021年度がん征圧スローガン  「コロナでも  変わらぬ習慣  がん検診」

  がんは日本人の2人に1人がかかる「身近な病気」です。

  がんの主な原因は、喫煙、飲酒、塩分の取り過ぎなどの生活習慣やウイルス・細菌の感染などです。その中でも喫煙は、がんの原因の3分の1を占め、様々な部位のがんのリスクを確実に上げることが分かっています。がんを予防するためには、たばこを吸わないことが最も効果的です。

  また、がんは早期に発見できれば約9割は治すことができます。がんの早期発見のため、がん検診を受診することが大切です。がん検診を「習慣」として受診し、がんの予防・早期発見に努めましょう。

※がん征圧月間の取組

 

ピンクリボン運動

  ピンクリボン運動は、乳がんで亡くなられた患者さんの家族が「このような悲劇が繰り返されないように」と願いをこめて作ったリボンからスタートした乳がん啓発運動で、乳がんの正しい知識の普及と乳がん検診の受診促進などを目的としています。

  ここ数年、日本でもこの運動が盛んになり、乳がんの早期発見の大切さ、乳がんの正しい知識を知ってもらうため、さまざまな活動が行われています。

  栃木県もこれに賛同し、毎年10月に県庁舎内にピンクのリボンを飾ったツリーを設置して啓発活動を行っています。

<2020年  県民ロビーのピンクリボンツリー>

r2pinktree1

r2pinktree3

r2pinktree2

 

がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間

  10月は、がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間です。県内において関係機関等が次の事業を実施しています。

 

企業等と連携した取組

  国民の2人に1人が「がん」にかかり、3人に1人が「がん」で亡くなるなど、「がん」は私たちにとってもっとも身近な病気です。しかし、がん検診を受診して「がん」を早期に発見すれば、治療をすることができます。

  栃木県では、市町や医療機関、企業等とともに、次のようながん検診受診率向上のための様々な取組を行っています。

 

お問い合わせ

健康増進課 がん・生活習慣病担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3096

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告