ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業大学校 > 本科の紹介 > 畜産経営学科 > 牛の繁殖機能を回復させるために治療を行っています

ここから本文です。

更新日:2016年5月24日

牛の繁殖機能を回復させるために治療を行っています

   繁殖機能が低下した和牛繁殖雌牛の機能を回復させるため、牛の膣内へ膣内薬物放出器具(CIDR:シダー)を挿入する作業を学生が経験しました。

   和牛繁殖雌牛は、1年に1頭子牛を生むことを目標としており、繁殖機能を正常に保つことが非常に重要です。

   シダーを膣内へ挿入する際には、衛生的な処置が必要であり、ゴム手袋を着用することや外陰部の消毒など、基本的なことから実習しました。

   ※動物用医薬品を使用する際は、獣医師の指示や指導が必要です。本校では、獣医師の職員の指導に基づき処置しています。

 

シダー挿入前の消毒

1シダー挿入前の外陰部の消毒

 

シダー挿入

2シダーを斜め下から挿入します

 

シダー挿入後

3シダーを膣内に留置させました

 

お問い合わせ

農業大学校

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-0711

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp