ここから本文です。

更新日:2015年5月20日

個人住宅向け支援制度について(鹿沼市)

住宅リフォーム(バリアフリー化、耐震化等を含む)に関する支援制度

鹿沼市住宅リフォーム助成制度

  • 方法      補助金
  • 対象      新築より1年以上経過した住宅のリフォーム・増改築工事
  • 補助額     工事に要した費用の5%以内 (上限10万円)

木造住宅耐震診断補助制度

  • 方法      補助金
  • 対象      昭和56年5月31日以前に在来軸組工法により着工された木造2階建て以下の一戸建て

              住宅。

  • 補助額    ・耐震診断士が行う耐震診断に要する費用の3分の2(上限2万円以内)

              ・耐震診断機関が行う補強計画策定に要する費用の3分の2(上限8万円以内)

              ・耐震診断機関が行う耐震診断(補強計画策定込み)に要する費用の3分の2(上限10

              万円以内)

耐震改修補助制度

  • 方法      補助金
  • 対象      木造住宅の耐震診断を受けた方で、耐震改修の必要があると判断された人。
  • 補助額     耐震改修(耐震改修工事費+補強設計費)に要した費用の2分の1以内(上限80万円         

              以内)

住宅関連の支援制度

 家庭用「省・創・蓄」エネルギー設備導入報奨金

  • 方法      奨励金(市内で使用できる商品券を支給)
  • 対象      自ら居住する市内の住宅に省・創・蓄エネルギー設備

         (高効率給湯設備、太陽光発電、蓄電及び充給電設備など)を設置した者

  • 支援額     ・高効率給湯設備 一律3万円

        ・発電設備 1.5万円/KW 上限6万円

        ・太陽熱利用設備 本体価格の10%(1000円未満は切捨て)上限4万円

        ・木質バイオマス利用設備 一律5万円

        ・蓄電及び充給電設備 一律5万円 

浄化槽設置費補助金制度

  • 方法      補助金
  • 対象      公共下水道認可区域、農業集落排水事業処理区域、及び地域下水処理施設対象地域

              を除く区域に浄化槽を設置する者

  • 補助額     33万2,000円(5人槽)
             41万4,000円(7人槽)
             54万8,000円(10人槽)

              ※ 設置に併せて、既設の単独浄化槽を撤去する場合には、撤去に要した経費の2分

                 の1以内(上限5万円)の額を加算。

 雨水活用設備(貯留槽・浸透桝)設置費補助

  • 方法      補助金
  • 対象      ・雨水貯留槽 (市内全域)

              ・雨水浸透桝 (市街化区域、用途地域)

              ・建物などに雨水活用設備を設置する者

  • 補助額    ・雨水貯留槽 : 設置経費の2分の1以内で、上限3万円

              ・雨水浸透桝 : 設置経費の2分の1以内で、上限5万円(隣接する10以上の建築物

               が集団で設置する場合は、設置経費の2分の1以内で、上限7万円)

お問い合わせ

住宅課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2484

ファックス番号:028-623-2489

Email:jyutaku@pref.tochigi.lg.jp

広告