ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

学校支援事業

文書館では、収蔵する実物史料(古文書や行政文書)を学校で活用していただく「学校支援事業」を展開しています。活用の場は、授業をはじめ、総合的な学習の時間や文化祭での研究発表など自由で多彩です。

学校支援事業の中でも、学習への興味・関心を高める授業を積極的に支援する「授業支援事業」に力を入れています。これは、通常の授業展開の中で、当館の収蔵する実物史料を提示・活用する時間を設けていただき、ティームティーチング形式で当館職員が先生方の授業を支援するものです。対象は小学校・中学校・高等学校を問いません。

平成30(2018)年度には、10校から依頼を受け、計20時間実施しました。

平成30(2018)年度  授業支援事業

校種 主題 使用した主な史料

4

高等学校 異国船の蝦夷地接近 ロシア船松前ニ来航、蝦夷地擾乱書付

7

高等学校 古代下野の金 下野国府出土漆紙文書

7

小学校 天下統一 豊臣秀吉朱印状、氏家明神祭祀録

9

高等学校 地租改正 地券

9

小学校 天下統一 豊臣秀吉朱印状、氏家明神祭祀録

10

小学校 黒船の来航 於本牧亜墨利加人江御饗応献立写、亜墨利加国王江御投恵物目録

11

小学校 黒船の来航 於本牧亜墨利加人江御饗応献立写、亜墨利加国王江御投恵物目録

11

小学校 「学び」について (特別活動)

学問ノスヽメ初編全

11

中学校 新貨条例 新貨幣発行ニ付定価、貨幣引替願書合綴

12

高等学校 日本文化史 野州壬生御城図

 

授業支援事業では、

 

  1. 本物の持つ迫力を味わえます。
  2. 歴史を身近に感じ、興味・関心を高めることができます。
  3. 授業中の数分間の時間でも、一時間でも、当館職員が担当することが可能です。
  4. 歴史の時間以外でもご活用いただけます。
  5. 派遣依頼等の手続きは不要です。
  6. 史料は当館職員が管理します。

授業支援の申込み

授業支援については、当館行事等により日程を調整させていただくことがありますので、お早めに栃木県立文書館に電話でご相談ください。
電話番号 028-623-3450(土・日、祝祭日、年末年始を除く)

学校教材史料集内容一覧  (←こちらも、ご参照ください)

お問い合わせ

文書館

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南館2階

電話番号:028-623-3450

ファックス番号:028-623-3452

Email:monjyo@pref.tochigi.lg.jp