ホーム > 教育・文化 > 文化・伝統 > 古文書 > 文書館(もんじょかん)

ここから本文です。

更新日:2016年8月19日

文書館(もんじょかん)

 

文書館全景

文書館全景

文書館(もんじょかん)は、歴史資料としての文書や記録類を収集・保存し皆様に活用していただくための施設です。

もんじょ君

んじょ君

 

お知らせ

  • 栃木県立文書館開館30周年記念行事について
    栃木県立文書館では、今年、開館30周年をむかえ、記念シンポジウム及び記念企画展「災害を乗り越えた下野の人々」を実施します。日時等については、「普及教育事業」の「歴史講演会」(開館30周年記念シンポジウム)をクリックしてください。
  • 常設展をリニューアルしました。
    6月6日に平成28年度常設展をリニューアルしました。展示は県庁南館2階文書館展示室で御覧いただけます。
  • 宇都宮城下絵図を再発行しました。
    宇都宮城下絵図は、江戸中期の宇都宮城下を描いたものであり、宇都宮藩主戸田家に伝えられたものの一つです。当館では以前この絵図を発行しましたが、多くの皆様から御要望があり、この度改めて作成しました。絵図の年代は明記されていませんが、安永5年(1776)の10代将軍徳川家治(とくがわいえはる)の日光社参に際して作られたものと考えられます。日光社参時の将軍の宇都宮城入城経路や日光への道筋などが記されており、当時の宇都宮城や城下を知ることができる貴重な史料です。
  •  宇都宮市真景図を復刻しました。 
    宇都宮市真景図は明治30年代の宇都宮市街を描いた銅版画です。絵図は、東南方向から市街を俯瞰(ふかん)したもので、画面中央にはそれまで宇都宮の象徴であった宇都宮城址(公園)や二荒山神社が描かれ、往時をしのばせます。一方、創立間もない電灯会社などが立ち並ぶ県庁一帯は新たな時代の息吹を感じさせてくれます。この絵図は100年後を生きる私たちにとって貴重な歴史資料となっています。

 

 

 

交通のご案内 

栃木県庁舎配置と文書館の位置

文書館への案内

所在地

栃木県宇都宮市塙田1-1-20
栃木県庁南館2階

県庁へのアクセス

JR宇都宮駅から

  • 徒歩約30分
  • 市内バス「県庁前」下車徒歩7分
  • 市内循環バス黄ぶな「栃木県庁舎前」下車徒歩1分

東武宇都宮駅から

  • 徒歩約15分

 

開館日、時間

平日午前9時から午後5時まで

休館日(くわしくは行事予定をご覧下さい)
土曜日、日曜日、国民の祝日・休日、毎月最終の平日
特別整理期間(6月27日から7月1日、1月30日から2月3日)、年末年始(12月28日から翌年1月4日)

お問い合わせ

文書館

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南館2階

電話番号:028-623-3450

ファックス番号:028-623-3452

Email:monjyo@pref.tochigi.lg.jp