ここから本文です。

更新日:2018年8月30日

文書館常設展

平成30年度常設展

文書館では、県庁南館2階展示室において常設展を開催しています。平成30年度は、「新収蔵史料の紹介『葛生・吉澤愼太郎家文書』」「江戸時代―文書の時代へ―」のテーマで構成しています。

1  新収蔵史料の紹介「葛生・吉澤愼太郎家文書」

吉澤家の伝来史料です。吉澤家は、江戸時代には酒造業を営み村役人を務め、明治時代には石灰業を開始し、地域の名望家として活躍しました。平成30年に吉澤家から文書館へ、2,772点の古文書が寄贈され、その中からの一部を展示しています。

  • 「野州石灰買上願」
    明治15(1882)年に、吉澤兵左氏から皇居造営事務局宛に出されました。 
  • 「吉澤白色石灰工場広告」
    明治時代後半に作製された吉澤工場の冊子仕立て広告で、工場全景の銅版画も掲載しています。 

                                                                                                                                          など多数展示

2  「江戸時代―文書の時代へ―」 

江戸時代は、統治機構が整備され、商業が発展するのに伴って、多種多様な文書が作成された時代です。その中で村の文書を中心に展示します。

  • 地方(じかた)文書…村を知るための文書
       村絵図、村明細帳、宗門人別帳、検地帳、名寄帳、御用留、年貢割付状、年貢皆済目録 
  • 江戸時代の文書のかたち(パネル)
       江戸時代の文書には様々な形態があります。ここでは、一紙文書と冊子の形態をパネル展示しています。
  • 江戸時代の百姓の負担と年貢納入の流れ(パネル)   

常設展について

  • 常設展の場所は、県庁南館2階展示室です。
  • 展示室の開館時間は、月曜日から金曜日の9時から17時です。
  • 土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始は、休館となりますので御注意ください。休館日については、「開館時間、年間カレンダー」で御確認ください。  
  • 入館料は無料です。
  • 史料については、期間中に一部展示替えをする場合があります。

お問い合わせ

文書館

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南館2階

電話番号:028-623-3450

ファックス番号:028-623-3452

Email:monjyo@pref.tochigi.lg.jp