ホーム > 福祉・医療 > 医療 > 医療施策 > 令和2(2020)年度医療機能分化連携県民理解促進事業費補助金の募集について

ここから本文です。

更新日:2020年6月16日

令和2(2020)年度医療機能分化連携県民理解促進事業費補助金の募集について

医療資源の有効活用に関する県民理解の促進や適切な受療行動の喚起を図り、医療機能の分化・連携を促進するため、栃木県

内の医療機関、医療団体及び住民団体等が行う、住民を対象とする医療提供体制に関する意識啓発の取組を支援します。

募集の詳細については、令和2(2020)年度医療機能分化連携県民理解促進事業費補助金募集要項(PDF:117KB)を御確認ください。

募集期間

令和2(2020)年6月1日(月)から随時募集

事業の実施主体

県内に所在する病院又は診療所の開設者、県医師会又は県内郡市医師会の代表者、県内の医療関係NPOの代表者、その他知事が本事業の実施主体として適切と認める者

補助対象事業

 次のテーマによる住民を対象とする講演会、説明会又は学習会とし、令和3(2021)年3月31日までに実施されるものを対象とします。

テーマ 対象経費 補助上限額 補助率

・実施主体が単独又は他医療機関等と連携して行う医療機能や病床機能の分化・連携等の取組について理解を促進するもの

・実施主体が所在する地域における医療提供体制の現状や課題について理解を促進するもの

報償費、旅費、需用費、役務費、使用料及び賃借料、委託料

1実施主体当たり200千円

①実施主体が単独又は他医療機関等と連携して行う次に掲げる事業


ア 医療機能や病床機能の分化・連携の必要性について理解を促進するもの(この場合、合わせて行う別内容の講演等にかかる経費のうち、本事業対象のものと一体と考えられる経費も含む)10/10


イ 医療機能や病床機能の分化・連携等の取組について理解を促進するもの 2/3


②実施主体が所在する地域における医療提供体制の現状や課題について理解を促進するもの 2/3

交付要綱・様式

実施要綱(PDF:69KB)

交付要領(PDF:88KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

医療政策課 地域医療担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3145

ファックス番号:028-623-3131

Email:tic@pref.tochigi.lg.jp

広告