ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 産業施策 > とちぎクラウドファンディング/クラウドファンディングの推進について

ここから本文です。

更新日:2016年7月1日

とちぎクラウドファンディング/クラウドファンディングの推進について

とちぎクラウドファンディング

クラウドファンダー

≪CONTENTS≫
新着情報
クラウドファンディングについて
「とちぎふるさと投資活用連絡会議」について
県内の活用事例について

 新着情報

現在御案内する新着情報はございません

 クラウドファンディングについて

概要

クラウドファンディングの仕組みクラウドファンディングは、資金を必要とする起業者、ベンチャー企業などと投資家をインターネットサイト上で結びつけ、多数の投資家から少額ずつ資金を集める仕組みです。

アイデアをカタチにしたいが活動資金に乏しい起業家やクリエーターが、インターネットを通じて自らのプロジェクトを公開し、広く一般の方々から活動資金の提供を受けて自らのプロジェクトを実現するものです。

一口あたりの提供資金は数千円から数万円と小さく設定されていることで、投資というより、事業者のアイデア実現を小さな資金提供により応援する仕組みといえます。

 

種類

資金を提供した人に対するリターンの形態により、主に下記の3つのタイプに区分されます。

寄付型寄付型

資金提供者が資金を寄付として提供するため、特段のリターンが発生しないタイプです。

購入型購入型

資金提供者は、一定の製品等を購入することで、その対価としての資金を提供するタイプです。購入した製品等が資金提供者へのリターンとなります。

投資型投資型

資金提供者が組合契約の締結などを通じて資金を出資し、これに対し、収益の一部が資金提供者へ分配されるタイプです。分配される金銭等が資金提供者へのリターンとなります。

メリットとリスク

メリット

  • 資金調達の幅が広がり、新たな資金調達手段となるメリットリスク
  • プロジェクトに共感する「ファン」が増える(マーケティングの場となる)
  • プロジェクトの応援ができる
  • 支援者と直接つながることで、モチベーションが向上し、個人の楽しみ(生きがい)につながる

リスク

  • 資金が集まらず事業ができないリスク、アイデア流出のリスクがある
  • 商品やサービスが完成しないリスクや、元本割れのリスクがある

活用事例(一例)

  • 地域資源や革新的技術を活用した新商品やサービス開発
  • 新しいビジネスモデルへの挑戦や創業
  • 施設を改修して、サービスの高付加価値化に取組む
  • 地域活性化のための仕組みをプロデュースする

パンフレット「とちぎクラウドファンディング」

パンフレット(表面)(PDF:598KB)

パンフレット(裏面)(PDF:1,311KB)

 「とちぎふるさと投資活用連絡会議」について

とちぎクラウドファンディング県では、県内全体で、クラウドファンディングの仕組みを活用した「ふるさと投資」の普及促進を図るため、企業支援機関の情報交換や研修の場として、「とちぎふるさと投資活用連絡会議」を設置しています。

「ふるさと投資」とは

内閣府地方創生推進室発行の「『ふるさと投資』の手引き」(平成27年5月)によると、「地域資源の活用やブランド化など、地方創生等の地域活性化に資する取組を支えるさまざまな事業に対するクラウドファンディング等の手法を用いた小口投資であって、地域の地方公共団体等の活動と調和が図られているもの。」と定義されています。

クラウドファンディングの活用により、都市と地方がつながり、地方に存在する地域資源を掘り起こし、事業・雇用が拡大し、人が呼び込まれ、特色ある地域経済の活性化という好循環が期待されています。

<参考>内閣府地方創生推進室「ふるさと投資連絡会議」ホームページ(外部サイトへリンク)

構成員

県内の金融機関、商工団体、市町等を中心に幅広く御参加いただいております

設置要領・構成員名簿(PDF:204KB)

「第1回とちぎふるさと投資連絡会議」の概要

日時・会場

平成27年7月10日金曜日栃木県総合文化センター第1会議室

会議次第

1連絡会議の趣旨の確認、今後の進め方

2平成26年度クラウドファンディング促進支援事業の事業実績と活用事例

3「ふるさと投資の手引き」について(内閣府地方創生推進室参事官補佐森賀公史氏)

4研修講演(ミュージックセキュリティーズ株式会社代表取締役小松真実氏)

配布資料(一部)

次第(PDF:256KB)

“とちぎクラウドファンディング”(栃木県ふるさと投資推進事業)の概要(PDF:1,434KB)

 

「第2回とちぎふるさと投資連絡会議」の概要

日時・会場

平成28年2月10日水曜日とちぎ健康づくりセンター大会議室

会議次第

1基調講演
「クラウドファンディングの今後の動向と地域における活用の可能性」
<慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 特別招聘教授
(内閣府「ふるさと投資」連絡会議アドバイザー) 保井 俊之 氏>

2事例紹介
「秩父ルージュワインファンドにおける各支援機関の役割と成功の秘訣」
<秩父商工会議所 中小企業支援課長 黒澤 元国 氏>

3平成27年度ふるさと投資推進事業の実績等
4意見交換

配布資料(一部)

次第(PDF:51KB)

 

関連サイト「とちぎファンズ」(株式会社ファーマーズ・フォレスト)

http://tochigi-funds.com/(外部サイトへリンク)

(外部サイトへリンク)

とちぎファンズロゴ(外部サイトへリンク)

 県内の活用事例について

 

県内の活用事例を紹介します!

(注)ここで紹介している活用事例は、「とちぎふるさと投資活用連絡会議」に参加する構成員等が支援してクラウドファンディングを活用して事業化を目指す案件、事業化した案件を掲載しているものであり、事業の成功や、リターンである商品・サービスの送付や配当の分配等を約束するものではありません。リスクについては、各募集サイトの利用ガイド、FAQ(よくある質問)等を御確認くださいますようお願いいたします。

 

募集中!

 

 

事業者名  

概要   

募集サイト

備考
          

      

               
         

募集終了

 

 

事業者名

概要

募集サイト

(完了案件のためリンク切れとなっている場合があります)

備考
クーリ・ルージュ レストラン「クーリ・ルージュ」

肉の旨味最上級。無添加『国産白カビ生ハム』を多くの人へ!熟成庫を創りたい!!

https://www.makuake.com/project/namaham/(外部サイトへリンク) 購入型
シーダース 株式会社Seeders 手作りでプロを目指すママ達が作った作品の販売サイトを作りたい https://readyfor.jp/projects/web_bon_marche(外部サイトへリンク) 購入型
キムチ餃子 餃子の山ん中

頑固おやじの魂しぼり!!至福の「ジャンボキムちぃ餃子」開発プロジェクト

https://www.makuake.com/project/gyoza/(外部サイトへリンク) 購入型
kosodate ウィズマミー

子ども=支障じゃない!子育ての負担が楽しみにかわる〜とちぎ情報シェアサイト制作

https://www.makuake.com/project/with-mommy/(外部サイトへリンク) 購入型
aizome AISOME実行委員会

AISOME 伝統文化と未来をつなぐファッションショーがしたい!

https://www.makuake.com/project/aisome/(外部サイトへリンク)

購入型
sobajuan

ダッタンそば寿庵

そばの食べ方新提案!「ShakerMaker」で家族で気軽にそばガレット!

https://www.makuake.com/project/shakermaker/(外部サイトへリンク) 購入型
鹿沼そば

 鹿沼そば振興会

鹿沼そば天国 そばの恩返しに協力して木製グッズと美味しいそばを手にいれよう! 

https://www.makuake.com/project/kanumasoba/(外部サイトへリンク) 

購入型

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営支援課 金融担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3181

ファックス番号:028-623-3340

Email:keiei@pref.tochigi.lg.jp

広告