ホーム > 産業・しごと > 農業 > 農業施策 > 農業を起点としたフードバレーとちぎの推進

ここから本文です。

更新日:2017年5月30日

農業を起点としたフードバレーとちぎの推進

フードバレーとちぎについて

 県では、本県の持つポテンシャルを最大限に生かし、“食”に関連する産業の振興を図ることにより、“食”をテーマに地域経済が成長・発展し、活力あふれる“フードバレーとちぎ”を目指す取組を平成22年11月から推進しており、農業の6次産業化が「農業をはじめとする関連産業の高付加価値化」として位置付けられていますとともに、平成28年2月に策定された「栃木県農業振興計画2016-2020 とちぎ農業“進化”躍動プラン」において、重点的・戦略的に取り組むこととしています。

 ・フードバレーとちぎ推進協議会について(産業労働観光部産業政策課HP)

 ・フードバレーとちぎ推進協議会ホームページ(外部サイトへリンク)

 ・“フードバレーとちぎ”周知用リーフレット (PDF:2,078KB)

 

6次産業化について

 農業者が、農産物の生産(1次産業)に加え、加工(2次産業)、流通・販売(3次産業)までを一貫して手掛けることで、農産物の付加価値を高め、収益力の向上を図る取組のことを「農業の6次産業化」といいます。この取組によって、新たに地域資源を活用したブランド商品が生まれるなど、農業や地域の活性化にもつながることが期待されています。

 

(1)とちぎ6次産業化推進方針

 平成 27年4月に国の「6次産業化ネットワーク活動交付金実施要領」の一部改正を受け、今後5年間の本県6次産業化の方向性を示した「とちぎ6次産業化推進方針」を策定し、より一層推進を図ります。

 ・とちぎ6次産業化推進方針(PDF:732KB)(H28.3)

  【参考】6次産業化の推進に関する国の考え方、制度等

   ・農林漁業の6次産業化(農林水産省HP)(外部サイトへリンク)

 

(2)6次産業化の相談及び支援

 6次産業化に関する相談は最寄りの農業振興事務所、栃木6次産業化サポートセンター(栃木県農業振興公社内)にて受け付けています。相談内容を踏まえて、実践面での不安解消、商品企画、加工、販売などの専門分野、6次産業化法の計画策定などについて、県と栃木6次産業化サポートセンターに登録したアドバイザーによるサポートチーム制で助言等を行います。

 ・栃木6次産業化サポートセンターの設置について

 ・栃木6次産業化サポートセンター(栃木県農業振興公社内)(外部サイトへリンク)

 ・6次産業化パンフレット(PDF:4,517KB)

 

 (3)6次産業化商品のご紹介

 ① Welcome to the Strawberry Kingdom! 6次産業化カタログ(H29.3月)        

  ・(日本語版)全ページ(PDF:2,797KB)

  ・(外国語版)全ページ(PDF:3,405KB)

 ② とちぎ6次産業化商品カタログ プレミアムブランド(H28.2月)

  ・全ページ(PDF:5,630KB)

  ※6次産業化商品の詳しい内容は、農業者・農産加工グループ・農業団体に直接お問い合せください。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政課 農政戦略推進室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2284

ファックス番号:028-623-2340

Email:nousei@pref.tochigi.lg.jp

広告