ホーム > 産業・しごと > 農業 > 農業施策 > 『口蹄疫』情報

ここから本文です。

更新日:2014年3月28日

『口蹄疫』情報

国内では、平成22年に宮崎県で発生があり、その後清浄国となりました。

しかし、平成25年以降東アジア諸国を中心に発生が続いており、韓国では平成30年3月(13か月ぶり)に豚で口蹄疫の発生が確認されました。

現在、我が国へ侵入するリスクが極めて高い状況が続いています。

現在、牛・豚飼養農家では、口蹄疫の侵入を防止するため、家畜伝染病予防法で義務化された基準を遵守し、消毒を徹底するなど病原体の侵入防止対策を講じています。

今後とも、農場及び畜産関係者に対し、早期発見・早期通報の徹底を指導するとともに正確な情報を提供してまいります。

 

なお、『口蹄疫』は

  • 牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません
  • 感染した牛や豚は処分されるため、感染した牛や豚の肉や牛乳が市場に出回ることはありませんが 、仮に感染した牛や豚の肉や牛乳を摂取しても人体には影響はありません。  

口蹄疫に関する情報(農林水産省)(外部サイトへリンク)

家畜の伝染性疾病の侵入を防止するために~海外へ旅行される方へのお願い~(動物検疫所)(外部サイトへリンク)

宮崎県口蹄疫復興メモリアルサイト(宮崎県)(外部サイトへリンク)

農場における飼養衛生管理の徹底について

口蹄疫発生予防のため、以下の対策の徹底をお願いします。

  1. 農場内に関係者以外の立入を制限しましょう。
  2. 農場内に持ち込む物品や出入りする車両の消毒を徹底しましょう。
  3. 農場や畜舎の出入口に踏込消毒槽等を設置することにより、靴底の消毒を徹底しましょう。
  4. 従業員の方も含め、口蹄疫が発生している国への渡航は可能な限り控えるとともに、これら国の農場からの郵便物等は衛生管理区域に持ち込まないようにしましょう。
  5. 毎日、飼養家畜の健康観察を行いましょう。

問合せ先

牛、豚等の偶蹄類の病気に関するお問い合わせにつきましては、最寄りの家畜保健衛生所又は県農政部畜産振興課にご連絡ください。

連絡先
  • 県央家畜保健衛生所 TEL:028(689)1200   FAX:028(689)1279 携帯:090-7205-0895(夜間・休日)
  • 県南家畜保健衛生所 TEL:0282(27)3611   FAX:0282(27)4144 携帯:090-7205-1402(夜間・休日)
  • 県北家畜保健衛生所 TEL:0287(36)0314   FAX:0287(37)4825 携帯:090-7205-1826(夜間・休日) 
  • 栃木県農政部畜産振興課 TEL:028(623)2352  FAX:028(623)2353

 

 

 

 

お問い合わせ

畜産振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2344

ファックス番号:028-623-2353

Email:chikusan@pref.tochigi.lg.jp

広告