ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業試験場

ここから本文です。

更新日:2018年4月22日

栃木県農業試験場

 栃木県農業試験場トップページ

ようこそ 栃木県農業試験場ホームページへ
 当場のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

このホームページでは、農業者の皆様に役立つ試験研究の成果はもちろんのこと、消費者の方々にも農業試験場を身近に感じてもらえるような情報の提供に努めてまいります。

農業試験場長              

 技術支援プログラム 研究成果(外部サイトへリンク) 農試ニュース 生育概況
なし根圏制御栽培シリーズ←根圏制御栽培法に関する情報はこちらから 

新着情報

試験研究の成果

品目別、分類別の成果

成果集の課題を品目別、分野別に分類してあります。

水稲 麦類 大豆 畑作物  
いちご トマト なす にら 露地野菜
なし ぶどう その他果樹 花き(切り花)  花き(鉢物)
病害虫 土壌肥料 有機農業 環境保全  
放射性物質 農薬 生物工学 経営 養蚕

栃木県農業試験場の知的財産(育成品種・特許)

栃木県の育成品種のページ

作物の生育概況

⇒作物の生育概況のページ

 トピックス

当場職員が平成29年度部長表彰を受けました!

外来種「クビアカツヤカミキリ」の被害拡大防止に向けた支援についての功績が認められ、病理昆虫研究室の職員が、安足農業振興事務所、農業環境指導センター、経営技術課の職員と共に、部長表彰を受けました。
また、野菜研究室と生物工学研究室で構成する品種育成チームにも、DNAマーカー活用によるにら「ゆめみどり」の育成についての功績が認められ、部長表彰が授与されました。
平成30年3月20日、県庁にて農政部長から表彰されました。

部長表彰 

農試の四季

イモカタバミ

イモカタバミ

すっかり、春めいてきました。
この時期にはピンク、紫、白、黄色などパステルカラ-の花が目立ちます。
南アフリカ原産のイモカタバミは、花が美しいことから江戸時代に観賞用として導入されましたが、今では野生化して道端で見られます。地下に芋状の塊茎があることから「イモ」が名前に付けられました。

カタバミの仲間には、花色が紫のムラサキカタバミ、黄色のカタバミなどあるので、散歩の際には探してみてはいかがですか。

 

お知らせ

農業試験場の案内

放射性物質対策への取り組み

当場の放射性物質対策への取り組みは、こちらでご紹介しています。

リンク

栃木県内の試験研究機関

栃木県畜産酪農研究センター

栃木県水産試験場

その他

栃木県農業環境指導センター

とちぎファーマーズチャレンジネット(外部サイトへリンク) とちぎファーマーズチャレンジネット(外部サイトへリンク)

農政部職員ブログ「栃木のうんまいもの食べ歩き」(外部サイトへリンク)

栃木県農政部ツイッター(外部サイトへリンク)

とちぎサイエンスらいおん(外部サイトへリンク)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業試験場

〒320-0002 宇都宮市瓦谷町1080

電話番号:028-665-1241

ファックス番号:028-665-1759

Email:nougyou-s@pref.tochigi.lg.jp