重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 総合政策部 > 総合政策課 > とちぎ創生アイデア会議について > 平成30(2018)年度とちぎ創生アイデア会議(那須・南那須地区)について

更新日:2019年3月25日

ここから本文です。

平成30(2018)年度とちぎ創生アイデア会議(那須・南那須地区)について

  • 開催日:平成30(2018)年12月15日(土曜日)
  • 会場:大田原市湯津上支所

1 会議に参加していただいた方々

市町名 企業・団体名等 氏  名 取組分野 取組概要
大田原市

FITNESS BOXING CLUB

ハニーラルヴァ

代表

芹江 匡晋

健康増進

地域活性化

 H30年4月に地域おこし協力隊として大田原市に着任。6月から前職のプロボクサーの経験を生かしたフィットネスジムの運営を開始し、女性や子どもを中心に定期的な運動による健康づくりを薦めている。
 また、市が主催する講座や教室にも積極的に関わり、正しく運動することの大切さを伝える活動に取り組んでいるほか、地域おこし協力隊同士の連携を通じて地域の活性化につながる活動にも取り組んでいる。
那須塩原市

北和田営農組合

副組合長

渡辺 政博 農業  米を主とした農業経営を行うほか、那須ガーデンアウトレットの農産物直売所に地元の米や野菜などを供給している「ロコの会」の会長を務めるなど、農業を通じた地域の活性化に取り組んでいる。
 また、チョウザメの養殖をおこなっており、キャビアの製品化に成功したほか、自ら生産している米とチョウザメの肉を使った押し寿司を考案するなど、アイデア溢れる取組を実践している。
那須烏山市

NPO法人クロスアクション

事務局員

佐藤 篤

まちづくり

 那須烏山市の豊かな自然、歴史、文化等の地域資源を活かして活動する団体のネットワーク化を図り、体験型、交流型、滞在型の要素を取り入れた観光のコーディネートやイベント企画、情報発信等に取り組んでいる。
 今後は、行政、観光協会、観光事業者、市民とも横断的に連携し、地域全体の観光を活性化させ、魅力ある地域づくりを目指している。
那須町

一般社団法人nasu lab.

代表理事

木下 愛貴

移住・定住

地域活性化

 那須町黒田原マスコットキャラクター「クロロとゆめな」を活用した地域活性化の取組や駅前の空き店舗を活用したインターネットラジオ局の運営を行っている。
 地域おこし協力隊としての任期を終えた後も一般社団法人nasu lab.を立ち上げ、地域活性化に取り組むとともに、移住定住支援コーディネータ-として相談相談や情報発信、移住体験ツアーの企画にも携わっている。
那珂川町町

有限会社星種豚場

代表取締役

星 正美

畜産業

6次産業化

 豚の人工授精の普及を進め、また、一頭一頭の特徴をデータ化することで、系統ごとの能力を分析し、取引先のニーズに合った系統が選べる仕組みを確立している。 
 6次産業化の取組も行っており、自社で育成した豚の肉を用いた食肉製品の製造や飲食店の経営を行っているほか、キャンプ場の指定管理者として地域貢献活動にも取り組んでいる。

2 会議の様子

 会議様子(1215大田原) 集合写真(1215大田原)

お問い合わせ

総合政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館9階

電話番号:028-623-2206

ファックス番号:028-623-2216

Email:sogo-seisaku@pref.tochigi.lg.jp