重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 総合政策部 > 総合政策課 > 栃木県におけるSDGsの推進について

更新日:2021年5月6日

ここから本文です。

栃木県におけるSDGsの推進について

SDGsとは

SDGs(エスディージーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年に国連が定めた国際的な目標です。2030年までの長期的な開発の指針として、17のゴールが定められています。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

SDGsロゴ

栃木県の取組

県でも、SDGsの達成に向け、様々な取組を実施しています。

とちぎ未来創造プラン

令和3(2021)年度から5年間の県政の基本指針となる、栃木県重点戦略「とちぎ未来創造プラン」において、SDGsを新たな視点として取り入れ、プランに掲げる18のプロジェクトとSDGsのゴールとの関係を整理しています。

県民をはじめ、市町、NPO、企業など、地域社会を構成する多様な主体と県がSDGsの理念・目標を共有するとともに、連携・協働しながら、SDGsの17のゴールの達成に向けた取組を積極的に推進していきます。

未来創造プランSDGsページ1

未来創造プランSDGsページ2

「とちぎ未来創造プラン」の詳細については、以下のページをご覧ください。

とちぎ創生15(いちご)戦略(第2期)

人口の減少に歯止めをかけるとともに、将来にわたり地域の活力を維持していくため、令和2(2020)年度から5年間の目標や基本的方向を定めた「とちぎ創生15(いちご)戦略(第2期)」を策定しました。

4つの基本目標と1つの横断的目標を定め、SDGsの理念を踏まえ、各種施策を推進しています。

「とちぎ創生15(いちご)戦略(第2期)」の詳細については、以下のページをご覧ください。

とちぎSDGs推進企業登録制度

栃木県内の企業によるSDGs推進の機運を醸成するとともに、SDGs達成に向けた企業の主体的な取組を推進し、企業価値の向上と競争力の強化を図るため、「とちぎSDGs推進企業登録制度」を実施し、登録企業を募集しています。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

国立大学法人宇都宮大学との連携協定

栃木県と宇都宮大学は、SDGsの達成に向け、相互に連携して取り組み、誰一人取り残さない社会の実現に資するため、連携協定を締結しています。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

SDGsの達成に向けた連携・協働の推進

栃木県では、様々な関係者と連携・協働して、SDGsの達成に向けた取組を推進しています。

その他

「SDGs日本モデル」宣言

「SDGs全国フォーラム2019」において発表された「SDGs日本モデル」宣言に賛同しています。

宣言については、以下のページをご覧ください。

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

内閣府が設置する「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画しています。

プラットフォームについては、以下のページをご覧ください。

 

お問い合わせ

総合政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館9階

電話番号:028-623-2206

ファックス番号:028-623-2216

Email:sogo-seisaku@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告