ここから本文です。

更新日:2018年8月10日

家計調査

調査の概要

 家計調査は、国民生活の実態を家計収支の面から明らかにすることを目的としており、国の経済政策や社会政策を立てるための基礎資料となります。この調査は統計法(外部サイトへリンク)に基づいて行われ、総務省が所管し、各都道府県を通して実施しています。

 この調査では、日本の世帯の平均的な傾向を把握するために、統計的な方法によって一部の地域を選んで調査し、全体を推計する方法(標本調査)を採用しています。

調査期間

二人以上の世帯 6か月

単身世帯 3か月

調査地域及び世帯数

家計調査は、一つの調査地区において二人以上の世帯6世帯、単身世帯1世帯に毎月調査をお願いしています。

栃木県内の調査対象地域及び調査世帯数は下表のとおりです。

なお、平成30年(2018年)1月から調査市町の交替が行われました。

足利市での調査が平成29年(2017年)12月で終了し、平成30年(2018年)1月から小山市で調査を開始しました。

調査市町 調査地区数 調査世帯数
宇都宮市 16地区 104世帯
小山市 6地区 39世帯
上三川町 2地区 13世帯
24地区 156世帯

調査の結果

統計表(宇都宮市)

月次

年次

 資料:県統計課(総務省データから作成)

  次回更新予定  平成30年(2018年)9月中旬

 全国の調査結果

 最新結果「家計調査(二人以上)最新結果について」(総務省統計局)(外部リンク)(外部サイトへリンク)

 統計データ家計調査平成29年(2017年)年報について(総務省統計局) (外部サイトへリンク) 

 ランキング「都道府県庁所在市別ランキング(平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)」(総務省統計局)(外部リンク)(外部サイトへリンク)

消費水準指数(全国)

  消費水準指数(外部サイトへリンク)とは、家計調査の結果に基づき、消費支出から世帯規模(人員)、1か月の日数及び物価水準の変動の影響を取り除いて計算した指数です。家計消費の面から世帯の生活水準をより的確に把握することができます。

調査への御協力のお願い 

家計調査は、調査世帯の方々の御理解・御回答によって成り立っています。

統計調査員が皆様のお宅へ訪問した際には、どうぞ調査に御協力くださいますようお願いいたします。

 

 とちぎの統計情報に戻る

お問い合わせ

統計課 生活統計担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2245

ファックス番号:028-623-2247

Email:tokeika@pref.tochigi.lg.jp