ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 農業試験場いちご研究所 > いちご王国を支えてきた品種開発50年

ここから本文です。

更新日:2020年11月25日

いちご王国を支えてきた品種開発50年

 昭和44(1969)年に当時の農業試験場佐野分場で、いちごの交配作業が行われ育種事業がスタートしてから、栃木分場・いちご研究所と体制が変遷しながら50年という長い年月が経過してきました。
 このたび、育種事業が開始して50年を機に、育成した10品種(直近の2品種「栃木iW1号(ミルキーベリー)」「栃木i37号(とちあいか)」は出願公表中)の概要や育種50年の歩みなどについてまとめました。

いちご王国を支えてきた品種開発50年(PDF:9,840KB)

  (内容)
   1 育種規模の推移と品種育成状況
   2 育成品種の概要
   3 海外からの育種素材導入
   4 育種50年の歩み
   5 参考資料

 

 いちご品種開発50年記念誌

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業試験場いちご研究所

〒328-0007 栃木市大塚町2920

電話番号:0282-27-2715

ファックス番号:0282-27-8462

Email:nogyo-s-ichigo@pref.tochigi.lg.jp

広告