ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

いちごのルーツ

 

いちごのルーツ

           

 野生のいちごは、ヨーロッパではすでに石器時代から食べられていました。

現在、栽培されているいちごは、18世紀にオランダにおいて、北米東部原産のフラガリア バージニアナと、南米チリ原産のフラガリア チロエンシスが交雑して出来たフラガリア×アナナッサ ダチェスン(オランダイチゴ)です。

   
 フラガリア バージニアナ  フラガリア チロエンシス

 

 

日本でも野生のいちごは食べられていました。

日本の野生種はシロバナノヘビイチゴとノウゴウイチゴの2つがあります。

 

   
 シロバナノヘビイチゴ  ノウゴウイチゴ

 

日本にフラガリア×アナナッサ ダチェスン(オランダイチゴ)が伝来したのは、江戸時代末期です。

明治初期になると栽培用の品種がアメリカから導入されましたが、日本の気象にあわずなかなか栽培は広がりませんでした。

日本で栽培が広まったのは、国内初のいちご品種「福羽」が誕生してからです。この品種は、明治時代に福羽逸人が外国から種子を取り寄せ育成したもので、日本の気象風土によくあったため栽培が広まりました。

その後様々な研究機関でいちごの育種が行われ、「宝交早生」「麗紅」「女峰」「とよのか」など数々の品種が誕生しました。

そして福羽の誕生から約100年後栃木県農業試験場で「とちおとめ」が誕生しました。

これらの品種はいずれも福羽の血を受け継いでいます。

 

(2009年11月)

 

お問い合わせ

農業試験場いちご研究所

〒328-0007 栃木市大塚町2920

電話番号:0282-27-2715

ファックス番号:0282-27-8462

Email:nogyo-s-ichigo@pref.tochigi.lg.jp

広告