重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > とちぎのあらまし > 人物 > 人物「明治時代以降」 > 人物「明治時代以降」山本有三

更新日:2010年11月30日

ここから本文です。

人物「明治時代以降」山本有三

山本有三(やまもとゆうぞう)

1887年から1974年まで

山本有三文学碑(太平山謙信平)の写真

1887年(明治20年)、栃木町(現栃木市)で呉服屋を営む山本元吉の一人息子として生まれた。

代表作に「同士の人々」「波」「女の一生」「路傍の石」などがあり、人生の真実を追究する彼の作品は多くの人々に感動を与えている。

太平山には栃木市によって建てられた「路傍の石」の文学碑があり、また栃木市民会館の記念室には、山本家等の寄贈による遺品・作品が陳列されている。


お問い合わせ

広報課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館3階

電話番号:028-623-2158

ファックス番号:028-623-2160

Email:kouhou@pref.tochigi.lg.jp