重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > とちぎのあらまし > 人物 > 人物「明治時代以降」 > 人物「明治時代以降」笹島喜平

更新日:2010年11月30日

ここから本文です。

人物「明治時代以降」笹島喜平

笹島喜平(ささじまきへい)

1906年から1993年まで

笹島喜平の作品「不動明王」

益子町で生まれ、東京で教員生活を送った後、1937年(昭和12年)、濱田庄司氏の紹介で版画家の棟方志功氏に師事。

自らが生み出した拓摺りの技法によって描く風景や仏像等は、強烈さがみなぎり、明快さが一層強まって、笹島版画の大きな特色となっている。

代表作に『飛雲富士』『不動明王』等がある。陶芸メッセ益子内に『笹島喜平展示館』が1995年(平成7年)4月に開館。


お問い合わせ

広報課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館3階

電話番号:028-623-2158

ファックス番号:028-623-2160

Email:kouhou@pref.tochigi.lg.jp