ホーム > くらし・環境 > 税金 > 県税 > 県税のホームページ > 自動車取得税と自動車税が変わります

ここから本文です。

更新日:2019年5月7日

自動車取得税と自動車税が変わります

令和元(2019)年10月1日から、自動車取得税と自動車税が大きく変わります

(参考)地方税共同機構によるリーフレット(PDF:1,029KB)

自動車取得税

自動車取得税が廃止されます

自動車取得税は令和元(2019)年9月30日までで廃止となります。

なお、4月1日から9月30日までに取得した自動車取得税のエコカー減税について、4月1日から見直しが行われています。

自動車税(環境性能割)

自動車税に「環境性能割」が導入されます

令和元(2019)年10月1日から、自動車税に「環境性能割」が導入されます。

自動車税(環境性能割)は、普通自動車の取得時又は購入時に、普通自動車の取得価額に税率をかけた額で課税されます。

税率は、自動車の燃費性能等に応じて変わります。

なお、軽自動車を取得した際には、軽自動車税(環境性能割)が課税されます。

 自家用乗用車の例

区 分 自動車税(環境性能割)

軽自動車税(環境性能割)

電気自動車等※1 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準+20%達成車※2 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準+10%達成車※2 税率1% 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準達成車※2 税率2% 税率1%
その他の自動車 税率3% 税率2%

※1:電気自動車、燃料電池自動車、一定の条件を満たす天然ガス自動車、プラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車

※2:平成30年排出ガス基準50%低減達成車又は平成17年排出ガス基準75%以上低減達成車(★★★★)に限る

環境性能割が臨時的に軽減されます

令和元(2019)年10月1日から令和2(2020)年9月30日までに、自家用の乗用車を購入する場合、税率の1%が軽減されます。

自動車税(種別割)

従来の自動車税に比べて、自動車税(種別割)の一部税率が引下げられます

令和元(2019)年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用の乗用車から、自動車税(種別割)の税率が引下げられます。

排気量 引下げ前税率

引下げ後税率

1,000cc以下 29,500円 25,000円(4,500円引下げ)
1,000cc超1,500cc以下 34,500円 30,500円(4,000円引下げ)
1,500cc超2,000cc以下 39,500円 36,000円(3,500円引下げ)
2,000cc超2,500cc以下 45,000円 43,500円(1,500円引下げ)
2,500cc超3,000cc以下 51,000円 50,000円(1,000円引下げ)

※以下各排気量区分で現行から1,000円ずつ引下げ

令和元(2019)年9月30日以前に初度登録を受けた自動車は、引下げ前の税率で課税されます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

税務課 課税・収税担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-2108

ファックス番号:028-623-3454

Email:zeimu@pref.tochigi.lg.jp

広告