ここから本文です。

更新日:2014年7月9日

いちご研究所ニュース12

いちご需要拡大プロジェクト研究会が開催されました

 平成23年10月17日に県、農業振興公社の主催による「いちご需要拡大プロジェクト研究会」が実施されました(開催要領(ワード:32KB))。研究会では、東京農業大学の堀田和彦教授から「異業種連携による新商開発のプロセス」と題して、農商工連携による新商品開発の発展方向に関する講演がありました。パネルディスカッションでは、いちご研究所から「加工用いちごの現状と提案」について話題提供し、生産者と製造業者のそれぞれのメリットを示し、24年産の加工いちごの供給拡大を提案しました。また、県内JA、企業からは各社の商品開発事例や取組みの報告がありました。県では今後、生産者製造業者にアンケートを実施し、いちごの需要拡大に向けた情報提供やマッチングの支援を行う予定です。

 project

 研究会の様子

いちご畝のマルチングを行いました

 マルチングは、畝の地温確保などを目的に黒のビニールで畝全体を覆うことです。作業は第1次腋花房の花芽分化の頃に行い、例年10月中旬頃になります。

maruchiharimaruchisyuryo

作業風景                                 作業終了後

 

研究所から見た風景

朝晩の気温がぐっと冷え込んできました。秋の夕焼けがきれいです。

yuyake

 

お問い合わせ

農業試験場いちご研究所

〒328-0007 栃木市大塚町2920

電話番号:0282-27-2715

ファックス番号:0282-27-8462

Email:nogyo-s-ichigo@pref.tochigi.lg.jp

広告