ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

いちご研究所ニュース8

 

夏秋いちご新品種「なつおとめ」のお披露目・いちご需要拡大プロジェクト研究会が行われました(2010年10月13日)

 いちご研究所が開発した、夏秋いちご新品種「なつおとめ」のお披露目が平成22年9月17日(金曜)に県庁1階ロビーで行われました。


「なつおとめ」が丸ごと入ったロールケーキと、「なつおとめ」の果実が限定販売されるとあって、開会まえからお客様の長蛇の列ができる人気ぶり。2年後の本格栽培が待ちこがれます。

   

夏秋いちご新品種「なつおとめ」。
果実が真っ赤できれいです。
洋菓子協会がこの日のために作ってくれたなつおとめのロールケーキ。
クリームといちごがたっぷりで美味しそう!  
この日は「けんちょうde愛ふれあい直売所」の開催日とあって、いつもは静かな県庁ロビーがとっても賑やかに。  開会前から「なつおとめ」を求めるお客様の長蛇の列が出来ました。 
 
洋菓子協会特製ロールケーキは、知事自ら販売しました。 いちご研究所もパネルでPR

  

平成22年10月1日(金曜)に宇都宮市内で「いちご需要拡大プロジェクト研究会」が、県(いちご研究所)と全農とちぎ、農業振興公社他の共催で開かれました。

この研究会はいちごの新たな需要の創造や革新的流通方式の導入等を研究するとともに、参加者間の交流を促進し、農商工連携の新たなプロジェクトの創出を目的としたもので、今回が初めての試みです。

第1部は話題提供として、いちごの生産・流通を巡る現状について、全農とちぎ園芸部、いちご研究所、栃木県産業技術センター、タカ食品工業から講演がありました。 
第2部ではグループに分かれてテーマ別の検討会を行いました。

今回の研究会を受けて、12月上旬に第2回の研究会をいちご研究所で開催する予定です。

 

   
 いちご研究所職員から、いちごの生産・流通・消費の現状について説明  テーマ別検討会では、熱い意見交換が行われました。

 

お問い合わせ

農業試験場いちご研究所

〒328-0007 栃木市大塚町2920

電話番号:0282-27-2715

ファックス番号:0282-27-8462

Email:nogyo-s-ichigo@pref.tochigi.lg.jp

広告