ここから本文です。

更新日:2014年7月9日

いちご研究所ニュース15

加工向けいちご収穫作業の実証試験を実施しました

 加工食品の原料となる国産とちおとめの需要増に応えるため、収穫システム構築に向けた実証試験を行いました。試験当日は、時折薄日が差すなか、宇都宮大学原田研究室のゼミ生18名がいちごを収穫し、時間あたりの収量や疲労度について調査しました。なお、今回収穫したいちごは、加工業者での一次加工を経て、県内の酒蔵メーカーで「いちご酒」として製品化、販売される予定です。  開催要領(PDF:6KB)

 摘み取り摘み箱受け取り

 

 「なつおとめ」の栽培試験 

  当研究所が育成した夏秋いちご「なつおとめ」の栽培試験を標高50mのいちご研究所と、標高345mの当試験場黒磯農場の2カ所で行っています。平地の夏の厳しい条件で、安定して夏秋いちごを生産できる技術確立を目指します。写真は6月の研究所内ハウスの生育状況です。

なつおとめハウス

 研究所の風景

 いちご研究棟前の二条大麦が刈り取りの時期を迎えています。                                  麦の刈り取りが終わると、稲の田植えが始まり、黄金色から鮮やかな緑に変わります。

  麦と本館

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業試験場いちご研究所

〒328-0007 栃木市大塚町2920

電話番号:0282-27-2715

ファックス番号:0282-27-8462

Email:nogyo-s-ichigo@pref.tochigi.lg.jp

広告