重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 医療 > 医療施策 > 在宅医療のご案内

更新日:2021年3月10日

ここから本文です。

在宅医療のご案内

このページでは、在宅医療に関する情報提供を行っています。 

新型コロナウイルス感染症対策の情報

  *在宅医療分野における感染対策の考え方が紹介されています。

【項目】 

在宅医療とは?

   zaitakuiryou01

「在宅医療」とは、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、リハビリ専門職などの医療従事者が、訪問診療や往診などにより、自宅や施設で提供する医療行為のことをいいます。

 患者やご家族などの皆さんが、「住み慣れた地域や自宅で安心して暮らしたい・暮らしてもらいたい」、「できれば最期は家族と一緒に過ごしたい・看取りたい」ということを望んだときに、「在宅医療」はそれらの願いを叶える手段の一つとなります。

 在宅医療を受けるには

● ご家族などとよく話し合い、在宅で療養したいという意思表示をしましょう。

● 窓口となる専門職に相談しましょう。

【通院中の方】 例:「定期的な通院が困難になってきた場合」など

 かかりつけ医に相談してみましょう。ただし、専門外などの理由で、在宅医療の対応が困難な場合もありますので、その場合には、在宅医療を実施している医療機関を紹介してもらえないか相談してみましょう。

【入院中の方】 例:「退院後も医療的ケアが必要になった場合」

 多くの病院には「地域医療連携室」などの相談室が設けてありますので、そこの医療ソーシャルワーカーや看護師などに相談してみましょう。在宅での療養についてのアドバイスや、在宅医療を実施している医療機関を紹介してもらえます。

【すでに自宅療養中の方や介護保険を利用中の方】 例:「体が徐々に弱ってきて心配になった場合」な

 お近くの「地域包括支援センター」か、担当のケアマネジャーに相談してみましょう。在宅医療を実施している医療機関や利用可能なサービスを紹介してもらえます。

 リーフレット「とちぎで在宅医療 ~住み慣れた地域や自宅で安心して暮らすには~」

tochigidezaitakuiryou

目次 

  • 在宅医療とは?
  • 在宅医療に関するQ&A
  • 在宅医療を受けるには?
  • 在宅での療養生活を支えてくれる主な機関
  • 在宅での療養生活の例(Aさんの場合)
  • 人生会議(ACP)をはじめてみませんか?

 パンフレット「とちぎの在宅医療ナビ」

栃木の在宅医療ナビ表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

とちぎの在宅医療ナビ目次

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 栃木県在宅医療関係機関情報

  各在宅医療圏の在宅医療関係機関を検索できます。(随時更新します。)

 在宅医療に関するお知らせ

栃木県在宅医療推進協議会

 県民のみなさんが住み慣れた自宅や地域で安心して暮らすことができる在宅医療提供体制の構築を目指して、在宅医療の関係機関・団体の代表等を委員とする協議会を開催しています。

 

 小児在宅医療に関する取組について

 在宅療養を必要とするお子さんやそのご家族が自宅や地域において安心して暮らすことができるよう、小児在宅医療提供体制の充実を目指し取組を進めています。

お問い合わせ

医療政策課 在宅医療・介護連携担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3046

ファックス番号:028-623-3131

Email:iryo@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告