重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 健康・保健衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 県版まん延防止等重点措置の強化についての知事メッセージ(8月1日)

更新日:2021年8月1日

ここから本文です。

県版まん延防止等重点措置の強化についての知事メッセージ(8月1日)

 本県の新規感染者数は急増しており、公表日ベースの新規感染者数は7月27日以降、連日で100名を超え、昨日7月31日には過去最高となる170名の新規感染者数を確認するなど、危機的な状況にあります。

 こうした中、今後の対応等について協議するため、第58回栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。

 本県の感染状況は、新規感染者数及び全療養者数が短期間で急増し、警戒度レベルはステージ4となりました。また、入院率がステージ4となるなど医療提供体制への負荷が確実に高まるとともに、感染拡大は県内全域に広がっています。

 一方、飲食店等への営業時間短縮の効果を見極める必要があること等を総合的に勘案し、警戒度レベルは県版ステージ3を維持するとともに、県版まん延防止等重点措置を強化することとしました。

 県民や事業者の皆様に対して、8月2日から8月31日までの約4週間、以下の内容を要請いたします。

 県民の皆様には、引き続き不要不急の外出、都道府県間の移動の自粛をお願いします。また、4連休などにおいてホームパーティーやバーベキューなどでクラスターが発生しておりますので、普段会わない方との飲食は控えていただくようお願いします。

 また、飲食店を営む事業者の皆様に対する営業時間の短縮への協力について、感染が県内全体に広がっているため、7市から県内全市町に広げることとしました。

 営業時間短縮要請に伴う協力事業者への協力金の詳細については、今後、県ホームページ等により公表しますので、御確認ください。

 また、全市町における1,000㎡以上の遊興施設、劇場などについては、21時までの営業時間の短縮に御協力をよろしくお願いいたします。

 現在の感染急拡大は、年末年始の第3波を彷彿させるスピード、規模で進んでいると認識しており、強い危機感を感じております。

 現状でも医療提供体制は相当ひっ迫し、コロナの入院患者の受入れ調整が円滑に進まないばかりか、救急医療、手術など重要な急性期医療に大きな制限が生じつつある事態となっています。

 このような状況を総合的に勘案し、国に対し、本県にまん延防止等重点措置を実施するよう要請することとしましたのでお知らせします。

 何としてもこれ以上の感染拡大を絶対阻止し、県民の命と健康、暮らしを守るための対応であり、県民・事業者の皆様の御理解を賜りたいと考えております。

 県としても、引き続き、市町・関係機関と一丸になり、これ以上の新規感染者数の増加を抑え、医療提供体制への負荷を低減させるよう全力で取り組んで参ります。

栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部長
栃木県知事 福田富一

お問い合わせ

感染症対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎東館4階

電話番号:028-623-2833

ファックス番号:028-623-3759

Email:kantai@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告