ホーム > 新型コロナウイルス感染症に関する知事メッセージ一覧 > 栃木県の対応「ステップ2」への移行についての知事メッセージ(6月19日)

ここから本文です。

更新日:2020年6月22日

栃木県の対応「ステップ2」への移行についての知事メッセージ(6月19日)

  5月25日に、全国で緊急事態宣言が解除され、間もなく約4週間となろうとしています。本県においては、県民の皆様の御理解と御協力により、この間、新たな感染者は2名に抑えることができております。

  本県の感染者数は66名(6月19日現在)で、6月2日を最後に16日連続で新たな感染者は確認されておりません。これまでに、65名の方が退院し、入院中の患者は1名です。病床稼働率は0.4%で、重症病床の稼働率はゼロとなっています。

  このため、本県の警戒度は、引き続き「感染観察」の段階にあります。

  また、PCR検査の実施件数は、県保健環境センターと宇都宮市、委託検査(25医療機関)の合計で6,007件(6月19日現在)となっており、人口10万人当たりの検査数は全国平均を上回っております。なお、陽性率は全体で1.1%です。

  このような本県の感染状況や有識者会議の意見等を踏まえ、外出自粛等の段階的な緩和のステップを、6月19日から「ステップ(2)」に移行することといたしました。ステップ(2)の期間は、7月9日までの3週間です。

 <ステップ(2)の対応(概要)>

1  外出自粛については、5都道県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川)への移動自粛を解除するとともに、観光振興も県をまたぐものも含めて徐々に実施していきます。
  県民の皆様には、外出する際には、「新しい生活様式」に基づき、マスクの着用や手指消毒の徹底のほか、発熱等の症状がある場合は、外出を控えていただきますようお願いします。

2  接待を伴う飲食店やライブハウスなど、これまでにクラスター感染が発生している施設への外出につきましても、自粛要請を解除いたします。
  事業者の皆様には、引き続き、業種ごとの感染拡大予防ガイドラインに基づき感染拡大防止策の徹底をよろしくお願いします。

3  イベントの開催については、屋外・屋内とも規模要件(人数上限)を1千人以下に緩和します。なお、イベントを開催する際には、密集の回避、手指消毒、マスクの着用、室内の換気等の感染防止策を実施していただきますようお願いします。

  新型コロナウイルスと共存せざるを得ない中、全ての県民や事業所の皆様と一緒に、新しい日常を構築して参りたいと考えておりますので、改めて御理解と御協力をお願いいたします。 

栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部長
栃木県知事 福田富一

広告