重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 子育て・福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 警戒度レベル「感染厳重注意」に引き下げにあたっての知事メッセージ(2月19日)

更新日:2021年2月19日

ここから本文です。

警戒度レベル「感染厳重注意」に引き下げにあたっての知事メッセージ(2月19日)

 本県が2月8日に国の緊急事態措置区域から解除されてから12日目となりましたが、この間も、新規感染者数の減少傾向を保つことができ、直近1週間の新規感染者数は76名(2/18現在)と、感染厳重注意レベルにまで下がり、入院者数や重症者数も徐々に減少してきております。

 こうした中、2月22日以降の対応について協議するため、第47回栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。

 新規感染者数の減少に伴い、すべての指標が感染厳重注意レベル以下に改善し、また、近隣県の感染状況も減少傾向にあることから、警戒度レベルを「感染厳重注意」に引き下げます。ただし、病床の稼働率や重症病床の稼働率が十分に下がったとは言えない状況であり、再度の感染拡大に強い注意が必要なため、県民及び事業者の皆様に対して、2月22日から3月7日までの2週間、以下の要請をいたします。

 県民の皆様には、引き続き、不要不急の外出自粛を要請します。特に、緊急事態宣言の対象区域への往来に注意をお願いします。このほか、マスクの着用など、基本的な感染防止対策の徹底を引き続きお願いします。

 事業者の皆様には、段階的な緩和として、飲食店に対する営業時間の短縮要請を解除します。飲食店の皆様には、これまで営業時間短縮の要請に御協力いただきありがとうございました。

 県民と事業者の皆様に会食に関するお願いです。これから年度末にかけて、卒業、就職、人事異動などの節目を迎えるにあたり、謝恩会、送別会、花見などの機会が増えてくると思いますので、会食での感染リスクを考慮いただき、大人数での会食は、特に控えていただきますようお願いします。

 イベント等の開催制限については、県内の感染状況を踏まえ、段階的な緩和を行うこととし、人数上限を10,000人かつ収容率50%以下に変更いたします。

 今後人の動きが活発化すると、年末年始のように感染が再拡大してしまう可能性があります。これを防ぐためには、年度末の節目のこの時期の県民・事業者の皆様の感染防止の取組が重要です。

 警戒度レベルは「感染厳重注意」ということで、強い注意が必要な状況ですので、引き続きの御協力をよろしくお願いします。

栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部長
栃木県知事 福田富一

 

お問い合わせ

感染症対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎東館4階

電話番号:028-623-3089

ファックス番号:028-623-3759

Email:kantai@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告