ホーム > 福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する知事メッセージ一覧 > 警戒度レベル「感染拡大注意」への引き上げにあたっての知事メッセージ(7月27日)

ここから本文です。

更新日:2020年7月29日

警戒度レベル「感染拡大注意」への引き上げにあたっての知事メッセージ(7月27日)

 全国各地で1日当たりの新規感染者数の最多が更新されるなど、新型コロナウイルスの全国的な感染の拡がりが見られ、県内においては、ここ1か月間で100名の感染者、5つのクラスターが発生しております。

 こうした状況を踏まえ、有識者に、警戒度の判断や今後必要な感染拡大防止策について意見を伺い、第26回栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部会議において今後の対応等について協議を行った結果、総合的な判断として、「新規感染者数が特定警戒レベルを継続していること、ここ1か月で5つのクラスターが発生したこと、感染経路不明の割合や病床稼働率が増加傾向にあることから、警戒レベルを『感染拡大注意』に引き上げる」こととしました。

 クラスターの発生に共通する原因として、「換気が悪い密閉空間」であること、「多数が集まる密集場所」又は「狭い環境の密集場所」であること、「マスク未着用での会話等の密接場面」など、すべての事例で「3密」の状況が見られました。

 また、従業員同士で感染を拡大してしまった事例が多く、これは、顧客への対策は万全でも、従業員同士の関係において、気の緩み、油断があったものと考えられます。また、体調不良にも関わらず出勤した例も見られたことから、感染防止のための社員教育が重要であると考えております。

 これらを踏まえた警戒度レベル「感染拡大注意」における対応として、県民・事業者に対する新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項の規定に基づく協力要請と、イベントの開催に関する協力依頼を行います。なお、今回の協力要請においては、都道府県をまたぐ移動の自粛は求めませんが、十分な注意をお願いいたします。また、学校については、引き続き通常登校といたします。

 県民の皆様には、これまで発生したクラスターで、マスクの未着用や不十分な換気などが感染拡大の原因と考えられますことから、改めて、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

 体調が悪い場合は、仕事は休み、旅行や外出を控えるとともに、感染防止対策が徹底されていない場所への外出は避けてください。

 また、感染者数が増加しておりますが、感染された方や御家族、関係者の方々に対する不当な差別や偏見、いじめ、SNS上での誹謗・中傷等はあってはなりません。県民の皆様には、正確な情報に基づいて冷静な行動をとるようお願いいたします。

 次に、事業者の方々におかれましては、引き続きガイドラインに沿った感染防止対策の徹底と、その「見える化」としての「新型コロナ感染防止対策取組宣言」への参加をお願いします。

 イベントの開催については、国の方針と同様、8月末までは現在の開催制限を維持し、催物開催の目安を、屋内、屋外ともに5,000人以下とし、屋内にあっては収容定員の半分程度以内の参加人数に、屋外にあっては人と人との距離を十分に確保することとします。

 県におきましては、今後とも、県民の健康と暮らしを守るため、検査体制や医療提供体制の拡充を推進し、県民の皆様に安心して日常生活を送っていただけるよう、引き続き、市町や国、関係機関等と連携し、全庁を挙げて、各種対策に万全を期して参ります。

栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部長
栃木県知事 福田富一

お問い合わせ

健康増進課 感染症対策室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3089

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告