重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 子育て・福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 年末年始の診療・検査体制の確保及び感染防止に関する知事メッセージ(12月28日)

更新日:2020年12月28日

ここから本文です。

年末年始の診療・検査体制の確保及び感染防止に関する知事メッセージ(12月28日)

 本県では現在、「栃木県医療危機警報」を発していますが、12月26日の新規感染者数が42人と過去最多になるなど感染の拡大が続き、特に病床ひっ迫のリスクが高まるなど、危機的状況が進んでいます。

 年末年始の感染拡大を抑制し、医療提供体制への負荷を軽減するためには、県民の皆様の行動が鍵となりますので、更なる徹底をお願いします。

1 マスク着用や三密回避など基本的な感染防止対策の徹底

  特に、大人数・長時間の飲食・飲酒は自粛してください。

2 県内・県外を問わず、不要不急の外出はできるだけ控える

  特に、年末年始の帰省については慎重に検討。また、初詣は混雑する時期を避けてください。

3 受診の際は、まず医療機関に電話連絡

 (年末年始の発熱患者等対応医療機関を県内171か所確保し、受診・相談センター(TEL 0570-052-092)において24時間体制で案内

栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部長
栃木県知事 福田富一

 

お問い合わせ

健康増進課 感染症対策室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3089

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告