ここから本文です。

更新日:2020年7月29日

感染拡大防止に関する知事メッセージ(7月21日)

 新型コロナウイルス感染症は、東京都など大都市圏を中心に多くの感染者が確認され、また、全国的な感染の拡がりが見られており、強い危機感を持っているところであります。

 県内の感染者数は、7月21日までの累計で139名になりました。その内、6月末からの約3週間で、約半分の73名の感染者が確認されております。

 また、この間に複数のクラスターが発生しました。これまで、県民、関係機関が一丸となって感染防止に取り組んできましたが、こうした状況となり、残念に思います。

 現在、幅広なPCR検査の実施や陽性者からの行動歴の聞き取りを積極的に進め、感染拡大の防止に全力で取り組んでいるところです。今後は更に、クラスター発生の原因の究明に努め、感染防止対策に活かして参ります。

 このような状況から、警戒度の判断等について有識者の意見を伺い、第25回栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、今後の対応等について協議した結果、警戒度レベルの総合的な判断としては、「新規感染者数が増加傾向にあり、特定警戒のレベルにあるが、感染経路が把握できている者の割合は高いことから、警戒レベルは『感染観察』を維持する」ことといたしました。

 しかしながら、有識者からは、患者数の増加に伴い、感染症指定医療機関等への負荷が大きくなってきていることを懸念する意見が出されており、私も、現在の感染状況は「感染拡大注意」のレベルに近づいている、という強い危機意識を持っております。

 そこで、これ以上のクラスター発生等による感染拡大を防ぐため、県民・事業者の皆様へ、改めて協力依頼を行います。

 県民の皆様におかれましては、「3つの密」の回避や、人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの手指衛生をはじめとした基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。これから本格的な夏を迎えますが、エアコンを使用している部屋でも、換気を行うようお願いします。

 また、県内・県外を問わず、感染防止対策が十分でない場所への外出は控えてください。県内においては、感染防止対策の状況について、「新型コロナ感染防止対策取組宣言」ステッカーの有無で確認することができます。

 さらに、風邪など体調が悪い場合は、旅行や外出を控えてください。そうした配慮が、万一の時の感染拡大を防ぎます。

 事業者の方々におかれましては、引き続きガイドラインに沿った感染防止対策の徹底と、その「見える化」としての「新型コロナ感染防止対策取組宣言」への参加をお願いします。

 新型コロナウイルスと共存せざるを得ない中、全ての県民や事業所の皆様とともに、新しい日常を構築していかなければなりません。より一層の御理解と御協力をお願いいたします。

栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部長
栃木県知事 福田富一

お問い合わせ

健康増進課 感染症対策室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3089

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告