重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 子育て・福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 「栃木県特定警戒行動」及び「営業時間短縮」の要請に関する知事メッセージ(1月5日)

更新日:2021年1月6日

ここから本文です。

「栃木県特定警戒行動」及び「営業時間短縮」の要請に関する知事メッセージ(1月5日)

 本県では、1週間の新規感染者数が12月1日時点では82人、1月4日時点ではその5倍以上の441人と、過去最多を更新し続けており、医療提供体制のひっ迫も含め、高い危機感を持っているところです。こうした最近の感染状況等を踏まえ、今後の対策について協議するため、第40回栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。

 新規感染者数、検査陽性率、病床の稼働率及び確保病床数・宿泊療養室数に対する療養者数の割合の指標が特定警戒レベルにあり、深刻な医療提供体制の機能不全を招くリスクが依然として高いことから、全体の警戒度レベルは「特定警戒」を維持することとしました。

 県民の皆様に対して、新たに「栃木県特定警戒行動」を要請いたします。

 現在、県民の皆様には不要不急の外出自粛を要請しているところですが、特に、1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)への往来及び夜間(20時以降)の外出については、その必要性について検討していただき、特段の注意をお願いいたします。

 また、事業者の皆様に対しても新たに要請いたします。新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、酒類を提供する飲食店(カラオケ店を含む)に対し、営業時間短縮の協力を要請します。対象地域は宇都宮市全域、期間は1月8日から1月22日までの15日間で、20時(夜8時)から翌朝5時までの営業休止を要請します。

 時短要請に伴う協力事業者には、協力金を支給します。詳細については、今後、県ホームページ等により公表します。

 なお、時短要請を行う時間帯以外においては、引き続き感染防止対策の徹底をお願いします。

 学校については、感染リスクの高い教育活動を控えた上で、通常登校を継続することとします。

 これまでも様々なお願いをしてきており、県民の皆様にもいわゆる「自粛疲れ」があるかもしれません。しかし、現在は、まさに危機的な状況であり、緊急事態宣言の発令が検討されている地域と同等以上の状況になっています。

 県民・事業者の皆様には、今一度、この危機感を共有いただき、ぜひとも外出自粛をはじめとした感染リスクを下げる行動をとっていただきますよう、強くお願いいたします。

 次に、県南地区における宿泊療養施設について、現在、1月中旬の開設を目指して、関係者との協議や人員確保に全力で取り組んでいるところです。関係者の方々には、引き続き協力をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

 最後に、県民、事業者の皆様に重ねてお願いします。外出自粛や営業時間の短縮など、皆さんの行動が、感染拡大を食い止め、医療を守ることにつながります。本日お願いしたことを、是非実践して頂きますよう、お願いいたします。

栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部長
栃木県知事 福田富一

 

お問い合わせ

感染症対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎東館4階

電話番号:028-623-3089

ファックス番号:028-623-3759

Email:kantai@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告