重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 健康・保健衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 夏休みやお盆の時期を迎えるにあたっての知事メッセージ(7月21日)

更新日:2021年7月21日

ここから本文です。

夏休みやお盆の時期を迎えるにあたっての知事メッセージ(7月21日)

 全国の新規感染者数は増加が続き、東京を中心とする首都圏での感染拡大が顕著で、周辺や全国への影響が懸念されております。こうした中、今後の対応等について協議するため、第56回栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。

 本県の感染状況は、新規感染者数や全療養者数が直近では増加傾向にあります。また、病床使用率はステージ3の状態が継続していること、感染経路不明割合は50%を超える状態が常態化していること、感染力が強いと言われるデルタ株への置き換わりが進みつつあることなどを総合的に勘案し、警戒度レベルは引き続き県版ステージ2.5とします。
 期間は7月22日から8月22日までの約1ヶ月間とし、要請内容はこれまでと同様となりますが、本日は県民の皆様に対し、夏休みやお盆の時期を迎えるにあたり3つのお願いがあります。

  1. 帰省や旅行など県外・県内の移動は、ご家族やご友人とも相談の上、慎重に判断してください。
  2. 特に、緊急事態措置区域又はまん延防止等重点措置区域との間の不要不急の移動は、原則中止又は延期をお願いします。
  3. 夏休みやお盆などで、人に会う機会が多くなるとは思いますが、5人以上はもちろんのこと、4人以下であっても、普段会わない人との長時間又は酒類を伴う飲食は慎重に判断するようお願いします。

 次に、県が主体となって調整してきた病院・市町と連携したワクチン接種の取組については、8月5日(木)から済生会宇都宮病院において接種券を持つ県民を対象に実施することになりました。
 また、とちぎワクチン接種センターにおける8月以降の接種については、接種券を持つ県民を対象とした接種を8月1日以降も引き続き実施します。

 最後に、夏休みやお盆を迎える時期ではありますが、「会話する=マスクする」、3密はもとより密を避ける行動を行うなどの基本的な感染対策を行うことはもちろんのこと、帰省や旅行、長時間又は酒類を伴う飲食については慎重に判断いただくなどして、夏休み中の感染拡大を絶対阻止し、「ご自身」、「ご家族」を守る夏にしていただきたいと考えております。
 県民・事業者の皆様におかれましては、引き続き御協力をよろしくお願いいたします。

栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部長
栃木県知事 福田富一

お問い合わせ

感染症対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎東館4階

電話番号:028-623-2833

ファックス番号:028-623-3759

Email:kantai@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告