ここから本文です。

更新日:2020年7月13日

栃木県の対応「ステップ3」への移行についての知事メッセージ(7月9日)

 本県においては、先月末、接待を伴う飲食店で県内初となるクラスターが発生するとともに、東京、埼玉等の感染者との接触による感染など、いわゆる県外由来の感染者も確認されるなど、予断を許さない状況が続いております。

 直近1週間の新規感染者数は8名で、警戒度が感染拡大注意となっていますが、感染経路は概ね把握できており、また、病床もひっ迫していないことから、全体の警戒度は「感染観察」の段階にあると総合的に判断し、7月10日からステップ3に移行することとしました。ステップ3の期間は、今月末までの約3週間です。

 ステップ2からステップ3への移行の変更点は、イベントの規模要件で、具体的には、屋外・屋内とも参加人数の上限を5千人までに緩和します。

 なお、イベントが開催される施設の管理者や、イベント主催者等におかれましては、3密環境の回避、マスク着用、手指消毒、室内の換気のほか、接触通知アプリ(COCOA(ココア))の利用促進等の感染防止策を実施していただきますようお願いします。

 また、全国的な人の移動を伴うイベントの開催に当たっては、事前に関係する県の関係部署への相談をお願いいたします。

 社会経済活動のレベルが、ステップ3に緩和されたことにより、今後更に、社会経済活動や人の流れが活発化することになります。

 県民の皆様には、県内・県外を問わず、感染防止対策ができていない、十分でない場所への外出を控えるようお願いします。また、東京方面への移動制限は行いませんが、お出掛けになる場合は、より慎重な行動をお願いします。特に、接待を伴う飲食店や多くの人と接する場所に外出する場合は、十分注意してください。

 事業者の方々には、ガイドラインに沿った感染防止対策の徹底を改めてお願いします。

 新型コロナウイルスと共存せざるを得ない中、全ての県民や事業者の皆様とともに、新しい日常を構築していかなければなりません。より一層の御理解と御協力をお願いいたします。

 県におきましては、今後とも、県民の健康と暮らしを守るため、検査体制や医療提供体制の拡充に取り組み、県民の皆様に安心して日常生活を送っていただけるよう全力で取り組むとともに、国や市町、関係機関等と連携し、全庁を挙げて、各種対策に万全を期して参ります。

栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部長
栃木県知事 福田富一

お問い合わせ

健康増進課 感染症対策室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3095

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告