重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > くらし・環境 > 税金 > 県税 > 県税のホームページ > 新型コロナウイルス感染症に関する県税の対応等について

更新日:2021年2月2日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する県税の対応等について

県税に関する措置

新型コロナウイルス感染症の影響により徴収猶予の特例を受けられた方へ

  • 徴収猶予の特例を受けている方は、猶予の期限をご確認いただき、期限内に納付されますようお願いします。
  • 猶予期限までに納付できない場合は、他の猶予制度が受けられることがありますので、お早めに管轄の県税事務所に御相談ください。

   徴収猶予の特例を受けられた方へ(リーフレット)(PDF:191KB)

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ

徴収猶予の特例制度について(対象:令和3(2021)年2月1日までに納期限が到来する県税)

  • 特例制度の申請は、納期限までに行う必要がありますが、やむを得ない理由により納期限までに申請ができなかったと認められる場合は、期限後の申請が可能です。詳しくは「徴収猶予の特例制度について」をご覧ください。

法人二税に係る各種措置について

新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る法人二税の申告期限延長の取扱いについて(令和3(2021)年4月16日更新)(PDF:253KB)

新型コロナウイルス感染症の影響により本業の売上が減少した法人が電気供給業も行う場合の法人事業税の対応について(PDF:318KB)

 イベントを中止等した主催者に対する払戻請求権を放棄した方への寄附金税額控除の適用

新型コロナウイルス感染症に関する政府の自粛要請を踏まえて、一定の文化芸術・スポーツイベントを中止した主催者に対し、観客等が入場料等の払戻しの請求をしなかった場合には、その放棄した金額(一定の制限があります。)について、栃木県の個人県民税の寄附金控除の対象となります。

寄附金控除の対象となるイベント

寄附金控除の対象となるイベントは、主催者が文化庁及びスポーツ庁に申請をして、指定を受けたものに限ります。詳しくは文化庁のホームページ(外部サイトへリンク)で御確認ください。

寄附金控除を受けるには

寄附金控除を受けるには、所得税の確定申告又はお住まいの市町へ住民税の申告が必要です。

詳しい制度については、文化庁のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 自動車税・軽自動車税(環境性能割)の臨時的軽減の延長

令和元(2019)年10月1日から令和3(2021)年3月31日までの間に取得した自家用の乗用車について適用されている、自動車税及び軽自動車税の環境性能割の臨時的軽減を、9か月延長して令和3(2021)年12月31日までに取得した自家用の乗用車まで対象とします。

詳しくは、総務省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧いただくか、県税事務所又は自動車税事務所までお問い合わせください。

自動車税(種別割)の心身障害者減免について

心身障害者のために利用する一定の要件を満たした車に対する減免申請について、従来は窓口でのみ申請を受け付けておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送での申請を受け付けています。

ただし、年度途中で登録を行う車については、原則として本取扱いの対象外となりますのでご注意ください。

詳しくは、自動車税(種別割)の減免についてをご覧いただくか、県税事務所までお問い合わせください。

商品中古自動車に対する自動車税種別割の減額申請について

中古自動車販売業者が所有する一定の商品中古自動車については、自動車税種別割が減額されます。

この減額を受ける条件の1つである「納期限内に自動車税種別割を全額納付していること」について、徴収猶予の特例を受けている自動車に対する令和2(2020)年度の自動車税種別割については、この条件を満たしているものとみなすこととしました。

詳しくは、商品中古自動車に対する自動車税種別割の減額申請についてをご覧いただくか、自動車税事務所又は県税事務所までお問い合わせください。

【参考】国税に関する措置

国税においても、納税の猶予制度などの措置があります。

詳しくは、以下のページを御参照ください。

国税における税制上の措置

お問い合わせ

税務課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-2101

ファックス番号:028-623-3454

Email:zeimu@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告