重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2020年7月30日

ここから本文です。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

TIDC2

栃木県感染症情報センタートップページへ

感染症発生動向
調査情報

トピックス

感染症発生動向
調査とは

感染症予防啓発

 

症状など

ムンプスウイルスによる全身感染症です。主に接触またはくしゃみやせきの飛沫によって感染します。

感染後2~3週間の潜伏期を経て、発熱や全身倦怠感、ものを飲み込む時の痛みなどが現れます。耳のやや前方(唾液腺)の腫れと痛みが特徴的な症状です。症状は通常1~2週間で軽快しますが、髄膜炎や難聴などの重篤な合併症が起こることがあります。治療は鎮痛、解熱、脱水予防などの対症療法が中心です。

報告される患者の年齢は4歳以下が約45~47%を占め、幼児に多い感染症です。

予防対策など

  • 予防接種が有効です。ワクチンを接種することにより、概ね90%前後の人が有効なレベルの抗体を獲得するとされています。集団生活に入る前にワクチンの接種を受けておきましょう。
  • 外出から帰ったときや食事の前には、まず石けんで手を十分に洗い、うがいをしてウイルスを洗い流しましょう。
  • 症状が出てきたら、早めに医療機関で診察を受けてください。
  • 唾液腺の腫れがある間はウイルスの排泄が多いため、学校保健安全法では、「耳下腺、顎下腺又は舌下線の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで出席停止」とされています。

 

出典・参考資料など

 

参考:各保健所・健康福祉センター担当区域
宇都宮市保健所(宇都宮地区)    :宇都宮市
県西健康福祉センター(県西地区):鹿沼市、日光市
県東健康福祉センター(県東地区):真岡市、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町
県南健康福祉センター(県南地区):小山市、上三川町、下野市、野木町、栃木市、壬生町
県北健康福祉センター(県北地区):大田原市、那須町、那須塩原市、矢板市、塩谷町、さくら市、高根沢町、那須烏山市、那珂川町
安足健康福祉センター(安足地区):足利市、佐野市


 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

保健環境センター 企画情報部

〒329-1196 宇都宮市下岡本町2145-13

電話番号:028-673-9070

ファックス番号:028-673-9071

Email:kenkou-kc@pref.tochigi.lg.jp