ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業大学校 > 研修科の紹介 > さつまいもの苗を植えました(とちぎ農業未来塾)

ここから本文です。

更新日:2020年6月10日

さつまいもの苗を植えました(とちぎ農業未来塾)

 「とちぎ農業未来塾」は、栃木県内で農業経営を始めたいと考えている方を対象とした、いわゆる就農準備校です。年間を通じて、就農に必要な様々な研修が行われています。

 

 基礎研修では、さつまいもの苗を植えました。まずは、畝立てとマルチ張りを同時にできる機械を使って、畝立てを行いました。

 その後、マルチに切り込みを入れて、さつまいも(ベニアズマ、べにはるか)の苗を植えました。

 また、ねぎの定植に向けて、4月に種をまいた「ねぎ」のせん葉(伸びた葉を切る)を行いました。せん葉することにより、苗の生育がそろい、倒伏や病害虫の防止効果が期待できます。

 

01unetate

畝立てとマルチを同時に行います

02satuma

さつまいもの苗を植える目印をつけます

03teisyoku

さつまいもの苗を植えます

04hagiri

ねぎのせん葉(短く切ります)

 

 今後の研修風景については、適宜、みなさんにお届けしていきます!

お問い合わせ

農業大学校 研修担当(とちぎ農業未来塾事務局)

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-4944

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp

広告