ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業大学校 > 研修科の紹介 > 未来塾研修生が県内の果樹園を見学

ここから本文です。

更新日:2017年9月6日

未来塾研修生が県内の果樹園を見学

未来塾就農準備専門コース果樹専攻生が県内3つの果樹園を3回に分けて見学しました。

1. 8月18日(金曜日)、三中幸夫さん(平成26年度未来塾専門コース果樹専攻修了)のぶどう園

   三中さんの就農経過や経営の発展経過、現在の出荷販売先等の話を伺いました。また、ワイン用のぶどう畑を見せていただきながら、品種の話や委託醸造したワインの話、ワイン用の土地と同時に取得した生食用のぶどう畑の剪定などの話も伺うことができました。

   研修生へのアドバイスとして失敗しがちなことや成功事例なども伺うことが出来、就農に向けての意識を強くすることが出来ました。

 

三中さんから就農やその後についてお話を伺う

三中さんから就農やその後の経過についてお話を伺う

ぶどう畑で品種の話などを伺う

ぶどう畑で品種などについて説明を受ける研修生

2. 8月23日(水曜日)、ぶどう栽培農家 岡田好一さんのぶどう園

   ぶどう栽培の剪定法(岡山式や一文字、H型)や盛土式などの根圏制御、地植えの話とぶどう以外(くりや抑制トマト、レタスなど)を含めた農業経営の話を伺いました。また、ぶどう園を案内していただきながら、様々な品種を見せていただいたほか、ハクビシン対策の話まで伺い、果樹栽培経営の難しさなどを実感することが出来ました。

 

岡田さんから説明をうける研修生

岡田さんから説明をうける研修生

ぶどう園を見学

ぶどう畑で様々な品種をみせていただきました

3. 8月25日(金曜日)、未来塾修了生 高尾昌一さん(平成26年度来塾専門コース果樹専攻修了)の果樹園

   土地の取得経過やブルーベリーだけでは収入期間が限られるためラズベリーを選定したことなど、就農にあたって苦労した話、土づくり、肥料など作付を始めるのにあたって注意した点などの話も伺うことが出来ました。また、ブルーベリー畑を見せていただきながら、収量を一定にしていきたいために品種を選定した話なども伺うことが出来、就農するうえでの貴重な体験となりました。

高尾さんからお話を伺う様子

ブルーベリー畑を見ながら高尾さん説明を受ける研修生

ブルーベリー畑で説明を受ける様子

ブルーベリー畑で説明を受ける研修生

 

お問い合わせ

農業大学校

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-0711

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp