ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業大学校 > 就農準備校とちぎ農業未来塾

ここから本文です。

更新日:2017年12月14日

就農準備校とちぎ農業未来塾

   Uターン、Iターンなどにより、栃木県内で農業を始めたいと考えている方が、円滑に就農できるよう、基礎的な農業経営の知識や作物の栽培技術などを研修します。

   UターンやIターンなどでこれから農業を始めようとする方、新たな作目を導入したい方、農家になりたい人、結婚して農家になった人、もう一度農業の基礎を学びたい人のための研修コースです。

   家庭菜園や趣味の農業を志向する方は対象外です。

平成30年度研修生募集中

1 受付期間:平成29年11月1日(水曜日)から平成30年2月20日(火曜日)17時15分必着

2 提出先:栃木県農業大学校教務部園芸経営・研修担当 研修チーム宛て

3 提出書類:(1)受講申込書(様式1)(2)就農計画書(様式2) (3)返信用封筒2通(定型封筒長3に宛名、住所等を記入し82円

   切手貼付)

4 提出方法:郵送または持参

   本校へ持参する場合は、平日の8時30分から17時15分とし、土・日曜日、祝日及び平成29年12月29日(金曜日)から平成

   30年1月3日(水曜日)は除くものとする。

5 受講者の決定:提出書類の記載事項が受講要件に合う方に対し面談を行い、就農計画、健康状態等を確認し、受講の可否を

   決定します

6 受講決定の通知と公表:受講要件に合わなかった者には受付期間終了後、また面談を実施した者には平成30年3月中旬に受

   講の可否を通知する(電話等による受講の可否に係る問い合わせには回答しない)。

7 問い合わせ先:栃木県農業大学校教務部園芸経営・研修担当研修チーム

   〒321-3233 栃木県宇都宮市上籠谷町1145-1

   電話:028-667-4944   FAX:028-667-4943

 

各コースの研修内容

研修名 研修内容 研修期間
(日数)
研修曜日 募集人員 受講料
1.就農準備基礎研修 (1)木曜日コース 農業経営や栽培技術の基礎的内容を中心とした講義、実習、現地視察等 4~1月
(30日)
木曜日 40名 15,000円
(2)土曜日コース 土曜日 40名 15,000円
2.就農準備専門研修

いちご・施設野菜・露地野菜・果樹の農業経営・栽培技術の専門的内容に関する講義、実習、現地視察、調査研究等 4~3月
(100日)
月・水・金
曜日
60名
いちご:20名
施設野菜:15名
露地野菜:15名
果樹:10名
※Ⅱは、上記の範囲内で10名程度
50,000円


(農業次世代人材投資資金対応研修)

4~3月
(180日)
月~日曜日
※ただし、土、日、祝日は、当番による出席
90,000円
  • 研修時間は、原則として9時00分から16時00分です。
  • 研修日の他に、圃場・作物管理のための登校日があります。
  • 就農準備基礎研修の木曜日コース、土曜日コースは同じ内容です。どちらでも受講可能な場合は、受講者数に応じて調整する場合があります。
  • 複数コースの同時受講はできません。 
  • 受講料の他、テキスト代、傷害保険加入料等として10,000円程度の費用が必要です。 

研修風景 

いちごの採苗の様子

いちごの採苗

いちご圃場の畝上げの様子

いちごハウスの畝上げ

 

いちご苗の定植の様子

いちごの定植

イチゴの収穫の様子

なつおとめの収穫

 

耕起の様子

管理機を用いた耕起

葉菜類の定植の様子

葉菜類の定植

 

きゅうりの栽培管理の様子

きゅうりの栽培管理

茄子の収穫の様子

なすの栽培管理

 

薬剤散布の様子

薬剤散布

 

 

 活躍するとちぎ農業未来塾修了生の紹介

 miraijuku_bana(PDF:695KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業大学校

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-0711

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp

広告