ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業大学校 > 研修科の紹介 > たまねぎの収穫をしました(とちぎ農業未来塾)

ここから本文です。

更新日:2020年6月28日

たまねぎの収穫をしました(とちぎ農業未来塾)

 「とちぎ農業未来塾」は、栃木県内で農業経営を始めたいと考えている方を対象としたいわゆる就農準備校です。年間を通じて、就農に必要な様々な研修が行われています。

 基礎研修では、昨年の11月に定植した「たまねぎ」が、ようやく収穫期を迎えました。地上部の約8割が倒れてから約一週間後が収穫の目安です。球を傷つけないように引き抜き、葉を10cm程度の長さを残して切り、同時に根も切ります。その後、長期間保存できるよう乾燥させます。

 また、かぼちゃのつる整理をしました。4本の子づるのうち、元気な2本を残して残りは切取りました。泥はねによる腐敗や雑草防止のため、つるの下に、ワラを敷きました。これから花(雄花・雌花)が咲き、実をつけ、秋には収穫できる予定です。

 今後の研修風景についても、適宜みなさんにお届けしていきます!

 

 01tama

たまねぎを引き抜きます

 02hagiri

たまねぎの葉と根を切ります

 03turu

かぼちゃのつる整理の仕方を教わります

 04wara

かぼちゃのつるの下にわらを敷きます

お問い合わせ

農業大学校 研修担当(とちぎ農業未来塾事務局)

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-4944

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp

広告