ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 栃木県農業大学校 > 研修科の紹介 > とちぎ農業未来塾専門研修通信(露地野菜)第1号

ここから本文です。

更新日:2020年5月15日

とちぎ農業未来塾専門研修通信(露地野菜)第1号

 

 未来塾では、新型コロナウイルス感染症対策のため、5月17日まで休講措置をとっています。現在、研修再開に向け、各コースとも、播種や定植の準備などを職員で実施しています。

 今回は、露地野菜コースで、4月中に実施した作業内容について掲載します。

 研修生の方々が、再開後スムーズに研修を行えるように万全を期して準備しております。また、HPをきっかけに未来塾に興味を持ってもらえるように情報発信していきますので、気になる方がいらっしゃいましたら、未来塾事務局までご連絡ください。

 

 

夏秋ナス編

令和2年度の農業未来塾専門研修の露地野菜コースでは、初期投資が少なく収益の確保が望める「夏秋ナス」をテーマの一つとして実習に取り組みます。

今回は、苗の「鉢上げ」と「鉢ずらし」です。

「鉢上げ」は購入した苗をポリポットに移植し、定植まで養生するための作業です。

ポリポットに土を詰めた後、苗を移植するだけの作業ですが、全ての作業の第一歩となるため期待が膨らみます。

「鉢ずらし」は苗が生長し混み合い始めた頃に行う作業です。苗の葉は隣の苗と重なると上に伸びてしまう性質があり、ひょろ長い苗にならないよう、苗と苗の間隔を広げます。

また、草丈が伸びると苗が倒れてしまうため支柱を挿して支えてあげる作業も行います。

 

鉢上げ 鉢ずらし

      鉢上げ直後            鉢ずらし後

 

 支柱 支柱を挿しています

 

 

 

お問い合わせ

農業大学校 園芸経営・研修担当(未来塾事務局)

〒321-3233 宇都宮市上籠谷町1145-1

電話番号:028-667-4944

ファックス番号:028-667-4943

Email:nougyou-dai@pref.tochigi.lg.jp

広告