ホーム > 産業・しごと > 雇用・労働 > 労働環境 > とちぎ働きやすい企業 > 社会福祉法人飛翔会 ちゅーりっぷ保育園

ここから本文です。

更新日:2017年11月17日

社会福祉法人飛翔会 ちゅーりっぷ保育園

~ 心も体も大きくなぁれ!!~

ちゅーりっぷ保育園

企業情報 

代表者名 園長 渡辺 京子
企業所在地 〒329-2135 矢板市中150-389
連絡先 0287-44-0763
これまでの受賞・認証歴 平成26年度 「子育てにやさしい事業所」顕彰公益財団法人とちぎ未来づくり財団理事長賞
お話 園  長 渡辺 京子 さん
企業概要 設   立    法人認可:平成15年3月19日  開園:平成15年4月1日
職  員  数   23名(園長1名、保育士15名、看護師1名、栄養士1名、その他5名)
事業内容  乳幼児の保育 園児90名【平成29年10月24日現在】

インタビュー  

Q. 具体的な取組について教えてください。

A. 子どもの体調不良等に伴う突発的な休暇や計画的な休暇も取得しやすいよう、人員配置を手厚くしています。また、本人の希望に添った時間帯で勤務できるよう短時間勤務制度を設けています。
 さらに、結婚・出産等を理由に退職した保育士等から、再就職について相談があった際には、優先的に採用する方針を設け、実際に再雇用した職員もいます。
 なお、中途採用者でも半年経過後は、正職員として任用し、解雇等の不安を持たずに仕事に打ち込めるよう身分の安定を図っています。
 他にも、「家庭的な暖かみのある保育」の実施のため、「職員とその家族は、みな家族」と考え、職員と職員の家族を交えた食事会を開催したり、職務年数に応じて給与を見直すなど給与面等でも配慮しています。

Q. そのような取組に至るまでの経緯を教えてください。

A. 出産・育児等で退職する職員もいました。
 保育の仕事は給与の割に精神的にもつらい等と言われていますが、本園では、保育士を志した職員が長く務められるような仕組みを考えていくうちに現在の体制となりました。

Q. これまでの取組の中で、どのような課題がありましたか。また、その課題をどのように解決しましたか。

A. 保育士の確保のためには、魅力ある保育園づくり、働きやすい職場づくりが必要と考え、職員の意見を積極的に取り入れ 

 ています。
  また、若い職員の退職を減らすため、主任、副主任の他に各学年にリーダーを配置し、若い職員からの相談に対応できる

 体制を取っています。
  なお、保育士の確保が難しい場合には、人材派遣会社を利用することとしています。

  他にも、園児のたいこ演奏など特色のある保育を行い、園のPRにも努めています。

Q. 取組の効果は、どのような形で現れていますか。

A. 子育てをしながら働いている職員が半数近くおり、複数の職員が育児休業を取得後職場復帰する等、出産・育児を理由と

 した退職が減っています。
  また、主任、副主任、リーダーが職員の育成を心がけてきた結果、若い職員が自信を持って積極的に働くようになり、園

 全体の雰囲気が益々良くなってきています。

Q. 保育園の運営も含めより一層の子育て支援に向けて、どのような課題があると考えますか。

A. 小学校や保護者及び地域との連携をより一層図り、地域の人と子どもとその家族、職員が安心して過ごす場となるよう努

 めていきたいと思います。

企業から一言・・・

 保育園は、働く両親を支え、子どもの命を預かり、成長を見守り、心を育てるところです。子どもが安心して過ごせる環境を整えるためには、職員にも心の余裕を持ってもらいたいと思います。
 そのため、職員間で信頼関係を築きながら、お互いの意見を尊重し連携を図っています。

利用者等から一言・・・

 子の体調不良等で急に休まなければならない際にも、気兼ねなく休める体制が取られているのでとても助かっています。

協力内容 

  • 電話相談
  • 視   察

 

(取材:大田原労政事務所 取材年月日 平成29年10月24日)

お問い合わせ

労働政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3217

ファックス番号:028-623-3225

Email:rousei@pref.tochigi.lg.jp

広告