ホーム > 産業・しごと > 雇用・労働 > 労働環境 > とちぎ働きやすい企業 > 株式会社フライングガーデン

ここから本文です。

更新日:2018年9月1日

株式会社フライングガーデン

~明るく楽しく元気よく おかげさまでありがとう~

フライングガーデン1 フライングガーデン2

 

企業情報 

代表者名 代表取締役 野沢 八千万
企業所在地 小山市本郷町3丁目4番18号
連絡先 0285-30-4129
これまでの受賞・認証歴 平成25年10月 障害者雇用優良事業所等表彰 栃木県知事表彰受賞
平成29年9月 障害者雇用優良事業所等表彰 厚生労働大臣表彰受賞
お話

人事総務部長 上原 慎二郎 さん

企業概要

創業:1976年11月
資本金:57,990万円
事業内容:レストランチェーン事業
正社員数:177名(総従業員数:1,800名)
店舗数:61店舗

インタビュー     

Q.障害者の雇用について具体的にどのような取組をされていますか。

A. 平成20年頃から障害者雇用に取り組み始め、毎年数人を採用しています。
 現在、10代から50代の男女合わせて16名の障害者が、各店舗で、キッチンの補助や調理作業などに従事しています。

Q.そのような取組に至るまでの経緯を教えてください。

A. 当社の理念に社会貢献を掲げていますが、障害者を雇用することにより社会的な役割を果たすことにつながるとの思いから

 雇用を開始しました。

Q.取組の効果はいかがですか。

A. 

・ 雇用した障害者が、個々の能力に応じて作業内容をステップアップし、次の目標に向かって努力することでモチベーショ

 ンが維持されています。
・ 次なる目標に向かって頑張っている仲間がいることで、店舗スタッフの意欲向上にもつながり、相乗効果でパートやアル

 バイトの定着率も向上しています。
・ 店舗スタッフは障害者と共に働くことで障害者への理解も深まり、わかりやすい説明を心がけるようになり、障害者を含

 めた店舗スタッフ間での意思疎通能力も磨かれてきています。また、店内での接客や厨房での作業においても、おもいやり

 のある対応ができつつあり、当社のモット-である「真心と思いやりの心」でお客様へのサービス向上にもつながっていま

 す。

Q. 取り組む上での課題や心掛けている点はありますか。

A. 

・ 雇用に当たっては、採用前には必ず体験研修を行い、仕事の内容について本人だけではなく保護者にも十分に理解しても

 らうようにしています。
・ 採用後には店長と障害者間でレポートのやりとりを行い、お互いの胸の内を共有することで、よりよいコミュニケーショ

 ンが形成できるように努めています。
・ 障害者の個々の能力に応じて作業を絞り込み、業務に専念できるよう注意を払う一方で作業能力を評価し、本人の成長が

 期待できるような業務分担をすることや賃金に反映させることで仕事への意欲や働く喜びが感じられるよう配慮していま 

 す。

Q.今後の課題についてお聞かせください。

A. 

・ 個々の能力をきちんと評価し、対応可能なことを要求していくことにより仕事のスキルアップを図り、向上心を高めてい

 けるようにしたいと考えています。
・ 雇用した障害者に対する表彰制度等によりモチベーションの維持や定着率の向上を目指しています。一方で、こうした対

 応が障害者であることを際立たせないよう店舗スタッフ間のバランスをとることに苦慮しています。

会社から一言・・・ 

 従業員の皆様、一人ひとりが主役です。

協力内容 

  • 電話相談

 

(取材:小山労政事務所 取材年月日 平成29年10月24日※平成30年9月一部更新)

お問い合わせ

労働政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3218

ファックス番号:028-623-3225

Email:rousei@pref.tochigi.lg.jp

広告