ホーム > 産業・しごと > 雇用・労働 > 労働環境 > とちぎ働きやすい企業 > 株式会社UACJ製箔野木製造所

ここから本文です。

更新日:2019年12月24日

株式会社UACJ製箔野木製造所

~ 従業員の安全と健康を確保することにより社内で働くすべての人の幸せに貢献する   ~ 

UACJ製箔野木製作所

UACJ製箔野木製作所2  UACJ製箔野木製作所3

企業情報 

代表者名 所長 大北 博昭
企業所在地 下都賀郡野木町若林55
連絡先 0280-56-2315
これまでの受賞・認証歴

ISO 9001認定 1998年6月
ISO 14001認定 2000年5月
JISHA方式 OSHMS認定 2018年8月
創業50周年表彰 2019年1月 (野木町工場協会)
栃木地方産業安全衛生大会栃木労働局長優良賞 受賞 2019年10月

お話 所長 大北 博昭 さん
総務課 峰 良和 さん
企業概要 会社設立:1933年(昭和8年)11月17日
野木製造所完成:1968年(昭和43年)6月
本社所在地:東京都中央区日本橋兜町6-5
事業内容:野木製造所は、アルミ箔単体の専用工場です。
              電池材料や食品・医薬品包装向けの薄箔(6~20μm)を中心に製造しています。
従業員数:534名(内野木製造所125名)(2019年(令和元年)10月31日現在)

インタビュー     

Q.具体的にどのような取組をされていますか。

A.  安全衛生方針に掲げている4大項目を実現する為に、3番目の項目の活動目標を明確にして改善活動に取組んでいます。

 1.従業員の協力の下に「災害ゼロ」を目指し、安全で健康な、人にやさしい職場づくりを実現する。

 2.労働安全衛生諸法令、社内規定を順守する。

 3.年度方針・目標を設定し、次の視点で安全衛生マネジメントシステムの継続的な改善を行う。
    1) 設備本質安全化と安全な作業方法の実現
    2) 安全最優先の風土・人づくり
    3) 労働者の意見を反映した作業環境の改善
    4) 健康管理の強化と働き方改革による体と心の健康づくリの推進
    5) 防災対策の拡充と訓練の強化

 4.安全衛生方針は、社内および構内協力会社すべての人に周知徹底する。

※ OSHMS認定に際し労働安全衛生マニュアル、規定、基準を作成し、このマニュアル等に沿って安全衛生活動に取組んでいます。

Q.そのような取組に至るまでの経緯を教えてください。

A.  野木製造所は日本製箔(株)の工場としてISO 9001とISO 14001の認証を取得しましたが、日本製箔(株)と住軽アルミ箔(株)の統合前に伊勢崎製造所ではすでに安全についてもOSHMSの認証も取得していたことにより全社工場で同じ管理をすべく滋賀製造所と野木製造所も認証を取得する経緯となりました。

Q.取組の効果や成果はいかがですか。

A.  ①設備本質安全化の取組
  ・稼動中の設備(危険源)から人の隔離(柵、センサー、電磁ロック)
   人が侵入できない(扉が開かない)、エリアにに侵入したら停止する(電源が入らない)

  ②災害、事故からの原因追求と改善
    ・グループ全体に情報を発信して類似の事故、災害の防止対策に取組む

  ③リスクアセスメントよる危険要因の抽出と改善
    ・人材の育成(KYTトレーナー教育職制以上)
    ・4工場合同のリスクアセスメント実施(目あわせ)

  ④作業環境改善及び暑熱対策
    ・月例パトロールの実施により問題点の抽出と改善
        ・WBGT測定による暑熱職場の洗出し及び対策後の効果の確認(他ソフト対策)

   効果 無災害記録 1297日継続中(2019/10/31現在)(休業災害以上)
     ・熱中症の発症者は2015年7月31日以降なし 

  Q.今後の課題としてどのようなことがありますか。

A. 生産部門に人の配属が高い中、まだまだ女性にやさしい作業環境に至っていません。
 野木製造所操業以来、女性の作業者は1名のみ(2009年4月1日~2016年10月31日まで)でしたので、重量物の取扱いや休憩所(仮眠スペース)の整備など課題があると考えています。

企業から一言・・・

 安全宣言を全職場で発令しています。

 ・スローガン
    「私たちは、安全をすべてに優先します。回転物に手を出しません。」

  ・社内の優先を明確にして社員に周知しています。
    1.安全
    2.品質
    3.納期
    4.コスト

  ・5S、改善のモットーは「安・楽・正・早」

        安 (安全に作業ができるか)

      楽 (楽な姿勢、単純化、無くせないか)

      正 (誰もが正しく取り扱えますか)

      早 (時間ロスの削減ができたか、探すのレス、動線の短尺化)

  ※ これらを実現することで、決めたことが継続して守られることと、整備された適正なレイアウト(あるべき美しい姿)

  が出来上がっていくと考えています。   

協力内容 

  • 電話相談  

(取材:小山労政事務所 取材年月日 令和元(2019)年11月14日)

お問い合わせ

労働政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3218

ファックス番号:028-623-3225

Email:rousei@pref.tochigi.lg.jp

広告